2018年6月12日(火) 8:55

県、はしか流行の終息宣言

患者4週間発生なし


はしか流行の終息を宣言する砂川靖県保健医療部長(中央)と嘉手苅孝夫県文化観光スポーツ部長(左)ら=11日、県庁

はしか流行の終息を宣言する砂川靖県保健医療部長(中央)と嘉手苅孝夫県文化観光スポーツ部長(左)ら=11日、県庁

 【那覇支社】県は11日、3月中旬から県内で99人が確認された麻疹(はしか)について、流行の終息宣言を行った。最後に感染を確認した患者が医療機関で受診した5月11日から、新たな患者の発生が4週間以上ないことから、流行が終わったと判断した。県保健医療部の砂川靖部長は会見で、「医療関係者、市町村、県民が一丸となって取り組んだ結果、終息を迎えることができた」と語った。


 今回のはしか発生は、県内では4年ぶりで、宮古地区では9年ぶり。県内で最初に確認された患者は、3月中旬に沖縄本島を訪れた台湾からの観光客だった。県によると、この台湾人観光客はタイで感染したとみられるという。


 地区別の感染患者数は、北部管内22人、中部管内26人(最初の台湾人観光客含む)、南部管内24人、那覇市24人、宮古地区2人、八重山地区1人。


 年代別の患者数は、定期予防接種2回が義務化される前の30代が最も多い31人、次いで20代23人、40代13人と続く。1~5歳の感染は10人で、1歳未満は4人だった。職業別では、観光・接客業が最も多かった。


 今後の取り組みとして、砂川部長は、定期予防接種実施率向上に向けた対策の強化を挙げたほか、▽定期予防接種未接種者▽医療従事者・児童福祉施設職員・学校職員▽観光接客業者と海外渡航者-への予防接種の推奨を掲げた。


 会見には、県文化観光スポーツ部の嘉手苅孝夫部長も同席し、「今回の流行はゴールデンウイークと重なった結果、沖縄観光に少なからず影響を与えた。多くの県民と観光客の皆様には大きな不安と心配をお掛けした。本日(流行の終息)を境に、官民挙げて観光客の誘客活動に取り組んでいきたい」と述べた。


 県によると、はしか流行の影響で746件・5572人について沖縄旅行のキャンセルがあったという。直接的な損害額は、推計で約4億2000万円。


 宮古島市と多良間村は、はしかの県内での発生を受け、公費負担の定期予防接種を促したほか、生後6カ月から12カ月未満の乳幼児へのワクチン接種も県と連携して無償化した。また、宮古島市は大人へも予防接種を呼び掛けるなど、積極的な対策も取っていた。

  • 宮古島の人口

    平成30年10月1日現在

    宮古島市 54,110 人
    27,085 人
    27,025 人
    世帯数 26,731 軒
    多良間村 1,170 人
    627 人
    543 人
    世帯数 520 軒
  • 天気


  •  

    2018年6月
    « 5月   7月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2