2018年7月6日(金) 8:58

佐喜真氏擁立を決定/県知事選

自民党候補者選考委


記者会見する候補者選考委員会の國場幸一委員長(中央)と、委員の宮古島市の下地敏彦市長(左)ら=5日、那覇市

記者会見する候補者選考委員会の國場幸一委員長(中央)と、委員の宮古島市の下地敏彦市長(左)ら=5日、那覇市

 【那覇支社】自民党県連などでつくる県知事選候補者選考委員会(國場幸一委員長)は5日、那覇市内のホテルで会合を開き、11月18日投開票の県知事選の候補者として宜野湾市長の佐喜真淳氏(53)を擁立することを決定した。これを受け、佐喜真氏は宜野湾市で記者団に対し「重く受け止める」と語った。


 会合後の会見で、國場委員長は「これまで13回の会議を経て、佐喜真氏への出馬要請を全会一致で決定した。13日に正式に要請する」と述べた。


 佐喜真氏を選んだ理由については、「宜野湾市長としての実績や、沖縄の進むべき将来の方向性とビジョンを持ち、強いリーダーシップで県政運営ができる人物であるとの高い評価がある」ことなどを挙げた。


 選考委員会委員で会見に出席した下地敏彦宮古島市長は「柔軟な思考を持ち、明確に県民に情報を発信できる人ということで佐喜真氏を推薦するということを決めた」と語った。


 これまで選考委員会では、県選出国会議員や副知事経験者など複数の候補者から人選を進めてきた。当初は5月中の候補者決定を予定していたが、選考は今月にずれ込んだ。


 その間、シンバホールディングス会長で、沖縄観光コンベンションビューロー元会長の安里繁信氏(48)や、前南城市長の古謝景春氏(63)らが出馬の意思を表明。特に、安里氏は3日に正式な出馬会見を行い、近く事務所開設の動きも見せているだけに保守分裂の可能性も出てきている。


 一方で、安里氏は「最終的に委員会で分裂を回避できないとなれば、当事者間で話し会う手段しか残されていない」とも述べており、保守一本化に向けて今後の調整が注目される。


 この点について、選考委員の照屋守之県議は「候補者の方々には、選考委の意思に従っていただけると考えている」と述べるにとどめた。


 佐喜真市長は、選考委員会の候補者決定について、宜野湾市で記者団に対し、「政治家として重く受け止めている」と述べた。また「後援会や家族、支援者と相談しながら、熟慮していきたい」と語った。

  • 宮古島の人口

    平成30年11月1日現在

    宮古島市 54,209 人
    27,144 人
    27,065 人
    世帯数 26,779 軒
    多良間村 1,173 人
    629 人
    544 人
    世帯数 521 軒
  • 天気


  •  

    2018年7月
    « 6月   8月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2