2018年7月10日(火) 8:54

【行雲流水】(沖縄詩歌集)


 「天に嗚響(とよ)む大主/明けもどろの花の/咲い渡り/あれよ 見れよ/清らやよ/又地天鳴響む大主」。日の出の壮観をたたえた「おもろ」である。周辺諸国と友好関係を結び、貿易で繁栄した琉球(沖縄)の人々は、平和と文化を愛した


▼しかし、沖縄には過酷な人頭税の時代があり、戦争の惨禍があった。米国の施政権下の時代があり、今なお基地の重圧がある。そうした中でも、沖縄は誇りうるアイデンティティーを守ってきた。その際、芸術等の文化の果たしてきた役割は大きい


▼そのことを、沖縄内外の作家たちの短歌や琉歌、俳句や詩によって多くの人が感受し、沖縄問題を真剣に考えることを期待して、『沖縄詩歌集』が、鈴木比佐雄、佐相憲一、座馬寛彦、鈴木光影の編集で出版された。なお、編集者による解説が、作品の理解を深めさせている


▼近代俳句協会名誉会長金子兜太の句「相思樹空に地にしみてひめゆりの声は」-相思樹はひめゆりの乙女たちが最後に歌った「相思樹の歌」(別れの曲)の相思樹。作曲は宮古出身の東風平恵位である


▼おおしろ建の「分裂・分断の世を抱きしめる満月光」-すべてを照らす満月光のように、心をひとつにしたい。久貝清次の「ひとつながりのいのち」-アニミズムの豊穣。垣花恵子「人桝田」-人頭税の頃与那国では、緊急招集し、遅れて田に入れなかったものは殺された。-「イス取りゲームは終わっていない」は鋭い。その他、現在宮古の作家たちの作品も多彩である


▼平和と文化、もろ人の幸せが主題である。(空)

  • 宮古島の人口

    平成30年11月1日現在

    宮古島市 54,209 人
    27,144 人
    27,065 人
    世帯数 26,779 軒
    多良間村 1,173 人
    629 人
    544 人
    世帯数 521 軒
  • 天気


  •  

    2018年7月
    « 6月   8月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2