2018年8月8日(水) 8:56

7年連続全国最下位

17年定期診断有所見率/沖縄労働局発表


職場で行なった健康診断

職場で行なった健康診断

 【那覇支社】沖縄労働局はこのほど、2017年に職場で行われた定期健康診断で異常が見つかった割合(有所見率)が、県内は64・7%で、7年連続して全国ワースト1位になったと発表した。全国平均値は54・1%だった。


 健康診断項目別で見た県内の有所見率は、血中脂質が39・8%と最も多く、肝機能22・1%、血圧検査21・1%の順となった。


 業種別では、運輸交通業の72・6%が最も高く、このほかに製造業72・1%と建設業68・6%が県平均より悪い値となった。


 県内地区別では、八重山地区の有所見率が72・7%で最も高く、沖縄本島中部地区66・9%、同北部地区63・9%、同南部地区63・4%と続く。宮古地区は62・9%で、前年から3・3ポイント改善して県内5地区で最も良い結果になった。


 沖縄労働局は、18年度から5年間の「第13次労働災害防止計画」で、県内の有所見率と全国平均の差を7ポイント以内にする目標を掲げている。


 県内5カ所(那覇、中部、北部、宮古、八重山)の地域産業保健センターでは、労働者数50人未満の事業所を対象に▽健康診断結果に基づく医師の意見聴取▽労働者の健康管理に関する相談▽脳・心臓疾患のリスクが高い労働者に対する保健指導▽長時間労働者に対する面接指導-などの支援を無料で行っており、労働局は利用を呼び掛けている。

  • 宮古島の人口

    平成30年12月1日現在

    宮古島市 54,208 人
    27,164 人
    27,044 人
    世帯数 26,815 軒
    多良間村 1,174 人
    630 人
    544 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2018年8月
    « 7月   9月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2