2018年11月7日(水) 8:54

【時事】辺野古移設、双方譲らず/官房長官・玉城知事が会談

菅義偉官房長官との会談を終え、報道陣の取材に応じる沖縄県の玉城デニー知事=6日午後、首相官邸

菅義偉官房長官との会談を終え、報道陣の取材に応じる沖縄県の玉城デニー知事=6日午後、首相官邸

 菅義偉官房長官は6日、沖縄県の玉城デニー知事と首相官邸で会談した。両氏の会談は、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設先となる名護市辺野古沿岸部の埋め立て関連工事再開後初めて。菅氏が工事推進の方針を示したのに対し、玉城氏は対抗措置を取る意向を伝え、会談は平行線をたどった。ただ、約1カ月間と期間を区切り、対話の場を設けることでは一致した。


 会談で菅氏は「普天間の移設先として辺野古の工事は進める」と述べ、従来の政府方針は不変との姿勢を強調した。玉城氏も「辺野古の新基地建設に反対する私の立場は変わらない」と明言。埋め立て承認撤回の効力を国が一時停止した措置を受け、総務省の第三者機関「国地方係争処理委員会」に審査を申し出る考えを伝えた。同時に玉城氏は「対話により何らかの策を講じられるのではないか」と指摘し、今月末まで約1カ月間、国と県による協議を行うよう要請。同氏によると、その間は工事を中断することも求めた。


 菅氏は対話に応じる意向を示し、杉田和博官房副長官と謝花喜一郎副知事との間で進めることになった。ただ、菅氏は「それでも工事は止めない」と表明した。


 また、玉城氏は2019年度の沖縄振興費に関し、概算要求額の3190億円確保を求めた。


 辺野古移設をめぐっては、県が8月末に埋め立て承認を撤回し、政府はその効力の一時停止を決定。移設に関連する工事が今月1日に再開され、双方の対立が深まっている。

  • 宮古島の人口

    平成30年11月1日現在

    宮古島市 54,209 人
    27,144 人
    27,065 人
    世帯数 26,779 軒
    多良間村 1,173 人
    629 人
    544 人
    世帯数 521 軒
  • 天気


  •  

    2018年11月
    « 10月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2