2018年12月2日(日) 8:58

有効求人倍率1・84倍/宮古10月雇用

過去最高値2カ月連続更新


 宮古公共職業安定所(ハローワーク宮古、渡真利直人所長)は11月30日、宮古管内10月の雇用状況を発表した。有効求人倍率は1・84倍で、過去最高となった前月を0・10ポイント上回り、2カ月連続での更新となった。県内5カ所のハローワークの中で最も高く、全国の有効求人倍率1・62倍を上回る結果となった。


 10月の月間有効求人数は、1333人と前年同月比で5人(0・4%)増加したのに対し、有効求職者数は723人と173人(19・3%)の減少となった。これにより、求職者1人当たり何件の求人があるかを示す有効求人倍率は、前年同月比で0・36ポイント、前月比で0・10ポイント高い1・84倍となった。


 新規求人数は、前年同月比で140人(22・7%)減の477人と3カ月ぶりの減少になった。そのうち165人(34・6%)は正社員の求人だった。


 新規求人数を産業別に見ると、宿泊業・飲食サービス業が前年同月比45人(60・8%)増の119人、公務・その他が5人(23・8%)増の26人だった。


 一方で、建設業は20人(51・3%)減の19人、情報通信業は34人(100%)減の0人、卸売・小売業は27人(46・6%)の減となった。


 新規求職申込件数は69件(25・3%)減の204件。就職件数は40件(33・9%)減の78件で、内訳は県内就職が35件(31・5%)減の76件、県外は5件(71・4%)減の2件だった。


 渡真利所長は、有効求人倍率が過去最高を更新した要因として、求職者の減少をあげた。宿泊業・飲食サービス業では求人は多いものの、求職者は事務職の希望が多く、ミスマッチが起きており、今後も高い水準が続くと見ている。

  • 宮古島の人口

    平成30年12月1日現在

    宮古島市 54,208 人
    27,164 人
    27,044 人
    世帯数 26,815 軒
    多良間村 1,174 人
    630 人
    544 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2018年12月
    « 11月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2