2018年12月6日(木) 8:54

【がんずううやき】島尻 寛俊さん(83歳)浦添市在住(城辺加治道出身)

「右流間号」の歌で親睦


島尻寛俊さん

島尻寛俊さん

 島尻さんの亡き父親、寛栄さんは、天皇陛下の幼少期に白馬の宮古馬「右流間(うるま)号」を献上した。皇太子だった天皇陛下が海洋博で来沖した際、ご夫妻から親子でお言葉を掛けられた。島尻さんは、「僕の手をしっかり握り、優しく『お父さんを大切にしてください』と言われた」と懐かしむ。


 10数年前に、父親の名を残したいと「右流間号」の歌を作ってCD化。正月祝いに親族が集まり、新年あいさつや歌で親睦を深める宴会の音声を収録したCDも制作した。


 また、自らも好きな民謡を作詞作曲し、自慢の声で歌う「島尻寛俊作品集」を完成させた。「さとがおかげ」「親ぬ思い」など全16曲を収録している。


 島尻さんは「毎年、元旦には自宅に親族みんなが揃って楽しく過ごす。久しぶりに元気な顔を見て、自分も健康で頑張ろうという気持ちになる」と語る。


 健康の秘訣は、「自分でつくった歌をCDで聴くのが、体に一番良い」と話す。妻のヒデさんから「うちの人は宮古馬のように体は頑丈。私は同じ歌を何回も聴かされているからね」と言われ、夫婦で大笑いしていた。


1935(昭和10)年8月30日生まれ

  • 宮古島の人口

    平成30年12月1日現在

    宮古島市 54,208 人
    27,164 人
    27,044 人
    世帯数 26,815 軒
    多良間村 1,174 人
    630 人
    544 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2018年12月
    « 11月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2