2019年2月25日(月) 8:58

題材求め公園散策/俳句吟行会

にしざとさんら特選


自然や風景を観察して俳句を詠む子供たち=24日、カママ嶺公園

自然や風景を観察して俳句を詠む子供たち=24日、カママ嶺公園

 俳人故山田弘子さんの来島20周年を記念した俳句吟行会(主催・宮古島ジュニア俳句育成会)が24日、カママ嶺公園で行われた。小雨模様のあいにくの天候の中、約30人の子供たちは春の風や雨を感じながら思い思いの俳句を詠んだ。審査の結果、にしざとことはさん(南小1年)ら5人が特選に輝いた。


 吟行会は俳句作りを通して、自然に親しみ豊かな感性を育むことを目的に開催。俳句誌「円虹」主宰で山田さんの娘佳乃さんが審査した。


 子供たちはノートと鉛筆を手に、自然や景色などを観察。季語を盛り込みながら五七五の言葉をつづった。


 67句の作品が寄せられ、特選5句と入選10句が選ばれた。


 「春さむしくびをすくめてあるく道」の作品が特選になった西里愛未さん(東小6年)は「風が強く、寒さの中で首をすくめて俳句を考えたことを感じたままに詠んだ。特選に選ばれてうれしい」と話した。


 育成会の伊志嶺亮会長は「立派な俳句が多かった。これからも勉強して、いい俳句を作ってほしい」と激励した。


 審査した山田さんは「普段の生活を五感で感じ、俳句にすることでうまくなる」とアドバイスした。


 特選受賞者と作品、入選者は次の通り。


 【特選】にしざとことは(南小1年)「はるの雨ぽつぽつふっておんがくだ」▽川満千晴(城辺小5年)「春の風ギターの音がひびく朝」▽金城萌(同)「クローバー模様みたいにしずくあり」▽宮国快(南小5年)「春風にふかれていったぼくの声」▽西里愛未(東小6年)「春さむしくびをすくめてあるく道」


 【入選】しんじょうまなみ(東小1年)▽いはかなの(城辺小1年)▽いしがきひなた(南小2年)▽池間夏希(平良第一小4年)▽佐和田莉李(東小4年)▽西里月葉(同)▽砂川恵里香(久松小4年)▽砂川歩世(南小5年)▽與那覇健真(鏡原小6年)▽友利愛花(宮古高1年)

  • 宮古島の人口

    令和元年7月1日現在

    宮古島市 54,698 人
    27,554 人
    27,144 人
    世帯数 27,615 軒
    多良間村 1,141 人
    608 人
    533 人
    世帯数 521 軒
  • 天気


  •  

    2019年2月
    « 1月   3月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    2425262728  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2