2019年3月16日(土) 8:56

「尖閣専従体制」整う/宮古島海保

新巡視船2隻配備、計9隻


山戸部長(前列中央)らは新造巡視船の「まえはま」(左)と「ながやま」(右)をバックに記念撮影した=15日、伊良部の長山港

山戸部長(前列中央)らは新造巡視船の「まえはま」(左)と「ながやま」(右)をバックに記念撮影した=15日、伊良部の長山港

 尖閣諸島周辺の領海警備強化に向け、海上保安庁の規制能力強化型の新造巡視船2隻が宮古島海上保安部(山戸義勝部長)に新たに配備され15日、伊良部の長山港に入港した。巡視船は今回の2隻で計9隻となり「尖閣専従体制」が整った。入港式で、山戸部長は「海上保安官であるとの誇り、自覚、覚悟を持って任務を全うし、国民の負託に応えられるよう祈念する」と訓示した。


 尖閣諸島周辺の領海警備に専従する新造巡視船は「ながやま」(河村成重船長ら乗組員人)、「まえはま」(堀江直樹船長ら人)。同保安部の全職員は218人態勢となった。


 同型巡視船9隻とも長さ約43㍍、幅約7・8㍍、総トン数約200㌧。遠隔放水銃、遠隔監視採証装置、停船命令等表示装置を装備。違法操業をする外国漁船などの取り締まりのため、追尾機能を強化し、両舷には漁船の衝突などを和らげる緩衝材が設置されている。


 2月22日に就役した巡視船2隻は、新潟県新潟市中央区の新潟造船で新造された。同県から宮古島までの距離は3000㌔あり、荒波を越えて目的地の長山港に接岸した。


 入港式で、河村船長と堀江船長は「本日長山港に入港した。人員、船体、装備とも異常なし」と報告。山戸部長は「安全・無事に回航したことに敬意を表する。今後、宮古島海上保安部職員として、共に一歩ずつ前進し体制を着実に強化していく」と気持ちを引き締めた。

  • 宮古島の人口

    令和元年9月1日現在

    宮古島市 54,764 人
    27,606 人
    27,158 人
    世帯数 27,737 軒
    多良間村 1,131 人
    604 人
    527 人
    世帯数 517 軒
  • 天気


  •  

    2019年3月
    « 2月   4月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2