2019年3月20日(水) 8:59

点検漏れで10便欠航/RAC3機

多良間など431人に影響
安全確認後、通常運航に


点検過程で保有3機の点検が行われていなかったボンバルディア機。点検実施後、安全性が確認されたとして通常運航を再開した=19日、宮古空港

点検過程で保有3機の点検が行われていなかったボンバルディア機。点検実施後、安全性が確認されたとして通常運航を再開した=19日、宮古空港

 琉球エアーコミューター(RAC)の保有機材5機のうち3機が19日、通常実施すべき整備点検をしなかったため欠航した。同社は点検作業を実施し、機体製造メーカーから安全性の確認が得られたとして同日午後12時50分発から通常運航を再開したが、那覇発着便を中心に宮古-多良間など計10便が欠航、431人の足に影響が出た。


 宮古空港発着の欠航便は▽那覇-宮古▽宮古-多良間▽多良間-宮古▽宮古-石垣の計4便で、計170人に影響があった。日本トランスオーシャン航空(JTA)広報部が19日に発表した。


 3機は2016年に導入したボンバルディアDHC8型機(50人乗り)。点検漏れは、18日午後8時ごろに点検の過程で判明した。


 対象機の点検作業は、同社の整備マニュアルで3000飛行時間ごとに作動試験をすることが決められているが、3機ともこの期間内に直流電源交替器や交流電源交替器、進路の方向性を調整する方向舵制御システムの3項目の点検が実施されていなかった。


 JTA広報部は「多くのチェック項目のうち、何らかの原因でチェック漏れが起きてしまった。過去に例を見ないこと」だとし、「お客さまや関係者の皆さまにご心配、ご迷惑をお掛けした。心よりおわびする」とのコメント発表した。


 多良間空港では、欠航を聞いた利用客の十数人は、フェリーに切り替えて宮古へ向かったという。


 島外から来た40代男性は「欠航になると仕事に影響が出る。代替え機材の対応も考えてほしい」、多良間在住の40代女性は「子どもの学校関係で宮古に行く予定だったが予定がずれた。これから高校に行く子どもたちの利用もある。安全対策は十分にしてほしい」とそれぞれ話した。

  • 宮古島の人口

    平成31年4月1日現在

    宮古島市 54,060 人
    26,868 人
    27,192 人
    世帯数 27,148 軒
    多良間村 1,164 人
    626 人
    538 人
    世帯数 523 軒
  • 天気


  •  

    2019年3月
    « 2月   4月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2