2019年3月24日(日) 8:59

夢と感動ありがとう/元オリク協力会・平良さん

宮古キャンプ忘れない/引退のイチロー選手に感謝


イチロー選手のユニホームを手にする平良さん=23日、ホテルニュー丸勝

イチロー選手のユニホームを手にする平良さん=23日、ホテルニュー丸勝

 米大リーグ、シアトル・マリナーズのイチロー選手が21日、現役引退を発表した。プロ生活は28年。日本球界で過ごした9年間のほとんどは宮古島キャンプで汗を流し、スーパースターの道を駆け上がった。地元関係者からは「夢と感動を与えてくれた」などとねぎらいの声が聞こえた。


 宮古島オリックス協力会として、キャンプを支えた平良勝之さんは感慨ひとしお。会長を務めるホテルニュー丸勝のロビーには、倉庫に保管していた等身大パネルを設置。「イチロー選手、感動をありがとう」とメッセージを添えた。


 21日はマスコミ関係者から第一報が入り、引退を知ったという。深夜の引退会見も眠い目をこすりながら最後まで見入った。イチロー選手が無名時代に、球団関係者らと食事に行ったこともあり、当時の写真を見返して懐かしんだ。


 オリックスの宮古島キャンプは1993年に始まった。当時、イチロー選手はプロ2年目。94年には年間最多安打の210安打を放ち、日本球界をけん引する存在にまで成長した。


 96年には日本一を達成。97年2月の宮古島キャンプでは、優勝パレードやオープン戦を行い、それぞれ1万人の市民らが足を運んだ。当時の試算では経済効果は35億円。宮古経済や観光に大きな影響を与えた。


 2001年の大リーグ挑戦以降は2度来島。05年は故仰木彬さんの監督就任、06年はワールドベースボールクラシック(WBC)の調整を兼ねて訪れた。球場はマスコミやファンで埋め尽くされ、「イチローフィーバー」に沸いた。


 平良さんは「すべては仰木監督のおかげ。良き師に恵まれたと思う」と目を細め、「イチロー選手には宮古島を第二の古里と思ってもらえればうれしい。宮古島のために何かやってもらいたい」と期待する。イチロー選手の記念碑建立を目指して、各方面に働き掛ける予定だ。

  • 宮古島の人口

    平成31年4月1日現在

    宮古島市 54,060 人
    26,868 人
    27,192 人
    世帯数 27,148 軒
    多良間村 1,164 人
    626 人
    538 人
    世帯数 523 軒
  • 天気


  •  

    2019年3月
    « 2月   4月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2