2019年3月26日(火) 8:54

【行雲流水】(吉野弘の詩)

 詩人吉野弘は、変哲もないことがらに深い意味を発見、または創りだして、詩を書いている


▼「I was born」という詩がある。I was bornは受身形である。従って、人間は生まれさせられるので、自分の意志で生まれたのではない。そのことを原点に、生命が生まれ、つながっていくことの不思議さを一編の詩に展開している


▼さらに、花もおしべやめしべがあるだけでは不十分で、虫や風が訪れて、おしべやめしべを仲立ちする。そのことから「生命は、その中に欠如を抱き、それを他者から満たしてもらうのだ」と導き、「私もあるとき、誰かのための虻(アブ)だったろう、あなたも、あるとき、私のための風だったかもしれない」と結ぶ


▼彼の詩に込められたメッセージも独特である。「祝婚歌」にいわく。「正しいことを言うときは、少しひかえめにするほうがいい。正しいことを言うときは、相手を傷つけやすいものだと気付いているほうがいい」


▼娘「奈々子」に語っている。「お父さんがお前にあげたいものは、健康と自分を愛する心だ。自分を愛することをやめるとき、ひとは他人を愛することをやめ、世界を見失ってしまう」


▼文字や、言葉についての遊びも面白い。「韓国語で馬のことをマルという、言葉のことをマールという。言葉は駈ける馬だった、熱い思いを伝えるための-」。「母という字は舟に似ている。すこし傾いた小舟のよう。愛の荷物を積みすぎているせいでしょうか」。詩人は、適切な対応関係を考えて、世界をより豊かに感じようとしている。(空)

今日のニュース

  • 宮古島の人口

    令和元年7月1日現在

    宮古島市 54,698 人
    27,554 人
    27,144 人
    世帯数 27,615 軒
    多良間村 1,141 人
    608 人
    533 人
    世帯数 521 軒
  • 天気


  •  

    2019年3月
    « 2月   4月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2