2019年3月26日(火) 8:54

【時事】奄美、宮古に駐屯地新設/陸自改編

南西諸島防衛を強化


 陸上自衛隊は26日、鹿児島県・奄美大島と宮古島に駐屯地を新設する。南西諸島防衛の強化が目的で、有事の初動対応を担い、作戦の拠点や中継地点にもなる。陸自は中国の軍事脅威に対応するための組織改編を続けている。


 奄美大島に配置されるのは、地対空・地対艦の両ミサイル部隊と警備隊で計約560人。宮古島も同様の部隊編成だが、今年度は警備隊のみ約380人を置き、両ミサイル部隊は来年度以降に配置。最終的に700~800人規模とする。


 南西諸島防衛における陸自の組織改編では、2016年に与那国島に沿岸監視隊を新設。18年には離島防衛の専門部隊として、水陸機動団を長崎県に配置した。石垣島でも今月、駐屯地開設のための工事が始まっている。


 陸自は同日、水陸機動団や全国の師旅団から現場へ即時に派遣される即応機動連隊を増強するための部隊改編も実施。加えて、サイバー防衛力強化の一環として、熊本県に西部方面システム防護隊を配置する。

  • 宮古島の人口

    令和元年10月1日現在

    宮古島市 54,752 人
    27,579 人
    27,173 人
    世帯数 27,740 軒
    多良間村 1,126 人
    602 人
    524 人
    世帯数 515 軒
  • 天気


  •  

    2019年3月
    « 2月   4月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2