2019年3月30日(土) 8:55

中距離誘導弾を装備/宮古島駐屯地

「通常装備」と理解求める


陸上自衛隊宮古島駐屯地=26日、上野野原(小型無人機で撮影)

陸上自衛隊宮古島駐屯地=26日、上野野原(小型無人機で撮影)

 上野野原の陸上自衛隊宮古島駐屯地(田中広明司令)に、敵が上陸した場合に、宮古警備部隊が抗戦するための、中距離多目的誘導弾が装備されることが分かった。沖縄防衛局によると、同駐屯地内に中距離多目的誘導弾と発射装置を保持する。防衛省は「陸上自衛隊の宮古島への部隊配備について、今後とも引き続き、地元の理解と協力を得られるよう、丁寧な説明に努める」としている。


 これまで実施されてきた、住民説明会では、26日に発足した宮古警備隊、来年度末までに配備される地対空、地対艦誘導弾について、その発射機が宮古島駐屯地に配備されるとの説明はあったものの、中距離多目的誘導弾の装備についての説明はなかった。


 同局は「中距離多目的誘導弾は、小型船舶や装甲車両に対処するため、警備等に用いる装備品で、誘導機能があるものの、中距離地対空誘導弾や、地対艦誘導弾と比較すると、能力も限られ、大きさや威力も小さい。普通科として一般的に、装備している小銃、迫撃砲、軽装甲機動車などのほか、中距離多目的誘導弾も通常装備しているため、宮古島駐屯地(千代田地区)に発射装置とその関連弾薬を保管する。宮古島駐屯地(同)には中距離地対空、地対艦誘導弾部隊の誘導弾を保管する弾薬庫は整備せず、これらの誘導弾は保良鉱山地区の弾薬庫に保管する」と説明し理解を求めた。


 下地敏彦市長は「そのような装備の保持などについては、市民にきちんと丁寧に説明して、理解を求めてほしい」と述べた。

  • 宮古島の人口

    令和2年1月1日現在

    宮古島市 54,815 人
    27,629 人
    27,186 人
    世帯数 27,858 軒
    多良間村 1,122 人
    604 人
    518 人
    世帯数 512 軒
  • 天気


  •  

    2019年3月
    « 2月   4月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2