2019年3月31日(日) 9:00

成田ー下地島就航/ジェットスター・ジャパン

初便、往復とも満席/空の新玄関口スタート


ジェットスターの片岡社長(左から5人目)を中心に就航をPRする関係者=30日、みやこ下地島空港ターミナル

ジェットスターの片岡社長(左から5人目)を中心に就航をPRする関係者=30日、みやこ下地島空港ターミナル

 格安航空会社(LCC)のジェットスター・ジャパン(本社千葉県成田市、片岡優社長)は30日、成田-下地島路線を就航させた。この日開業したみやこ下地島空港ターミナルで就航式典を実施し、同社をはじめ、市や県、観光関係者が多数出席した。同空港への定期便運航は24年ぶり。年間観光客数が初めて100万人を突破するなど、急激な成長を遂げる宮古観光の新たな空の玄関口としてスタートを切った。式典後には成田発の搭乗客を出迎えたほか、下地島発には下地敏彦市長が乗り込んだ。初便は往復共に満席(180席)の予約だったという。


 式典でジェットスターの片岡社長は「リゾートそのものの空港に一番乗りでき、感無量。低運賃の旅で気軽に宮古に訪れ、その魅力を存分に体験することで、宮古の観光の活性化に貢献できればと考えている」と語った。


 玉城デニー知事(代読・富川盛武副知事)は「新規就航により、県全体の経済の活性化に寄与するものと期待している。観光客には宮古地域の美しい海、独特の地域文化、人の温かさをじかに感じていただき、地域の魅力を堪能してもらいたい」と述べた。


 家族5人で北海道に帰省する島尻麻衣子さんは「これまでと比べて料金が半額になった。もともとジェットスターを利用していたので、宮古でも乗れるようになってうれしい」、二女の花音さん(南小3年)は「雪で遊ぶことが楽しみ」とそれぞれ笑顔で話した。


 一方、成田発で下地島に降り立った風早佐波さん=大阪府=は「就航を知り、ぜひ初便に乗りたいと思った。前日に大阪から成田入りし、宮古に来た。すごく海がきれいだった」と語った。娘の陽向さん、南乃晴さんと2泊して、自然を満喫する予定だ。


 成田発が午前7時25分、下地島着が同10時25分。下地島発は同11時10分、成田着は午後2時5分となっている。運航は期間によって異なり、3月31日~4月8日、4月30日~5月6日、7月1日~10月26日は毎日運航される。いずれも1日1往復のみで、運賃は片道6990円から。


 同空港にはジェットスターの関西-下地島が7月3日から、香港エクスプレスの香港-下地島が7月19日からそれぞれ就航する。

  • 宮古島の人口

    令和元年6月1日現在

    宮古島市 54,671 人
    27,526 人
    27,145 人
    世帯数 27,554 軒
    多良間村 1,141 人
    609 人
    532 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2019年3月
    « 2月   4月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2