2019年4月19日(金) 8:55

沖縄国際映画祭が開幕

国内外から1000人参加
21日まで


開会式で司会を務める(左から)木佐彩子さん、木村祐一さん、ガレッジセールの川田広樹さん、ゴリさん=18日、那覇市

開会式で司会を務める(左から)木佐彩子さん、木村祐一さん、ガレッジセールの川田広樹さん、ゴリさん=18日、那覇市

 【那覇支社】「化けろ!やりたいこと、全部やろう」をテーマに第11回沖縄国際映画祭「島ぜんぶでおーきな祭」が18日、那覇市で開幕した。那覇市内のホテルで開催されたオープニングセレモニーには、国内外の関係者ら約1000人が集まって開幕を祝った。同映画祭は県内14会場で21日まで開催される。


 セレモニーでは、同映画祭実行委員会の大﨑洋実行委員長が「この映画祭を通じて、皆さんと良い関係をつくれたことを心から感謝している」と述べた上で、今後について、沖縄からアジア・世界中に動画配信するプラットフォームを設立することも明らかにした。


 来賓の玉城デニー知事(代読・富川盛武副知事)は全国で大ヒットしている「ガレッジセール」のゴリさんこと照屋年之さんの監督作品「洗骨」について触れ「映画を通して沖縄が持つ独特で豊かな自然環境や歴史、伝統、そして文化が息づく各地域の魅力を国内外に発信することで沖縄の可能性が笑顔とともに世界中に広がることを期待している」とあいさつした。


 セレモニーに出席した宮古島市の下地敏彦市長は「映画祭を通して宮古の魅力をPRできれば良いと思っている。来年には宮古でもイベントを開催できると思うので、期待していてほしい」と述べた。


 毎年、同映画祭に参加している落語家の桂文枝さんの音頭で乾杯をし、「10年間赤字だが、そこをずっとこらえて頑張ったことはすごい。今や日本中でこの沖縄国際映画祭が知られている」とたたえた。


 映画祭では、特別招待部門で9カ国から14作品が発表されるほか、国内からは特別上映の13作品を含む8部門・69作品が公開される。


 21日の正午~午後2時半に、那覇市のてんぶす広場ステージでレッドカーペットが行われる。期間中は、県内会場でお笑いライブや、吉本新喜劇、音楽ライブステージなどのイベントが開催される。

  • 宮古島の人口

    令和元年7月1日現在

    宮古島市 54,698 人
    27,554 人
    27,144 人
    世帯数 27,615 軒
    多良間村 1,141 人
    608 人
    533 人
    世帯数 521 軒
  • 天気


  •  

    2019年4月
    « 3月   5月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2