2019年4月28日(日) 9:58

特性や品種など学ぶ/JA専門部会

オクラ栽培講習に30人


栽培講習会で熱心に講師の話を聞く参加者=26日、JA宮古地区農産物集出荷場会議室

栽培講習会で熱心に講師の話を聞く参加者=26日、JA宮古地区農産物集出荷場会議室

 県の拠点産地に認定されている宮古島市のオクラの栽培講習会(主催・JA宮古地区オクラ専門部会)が26日、JA農産物集出荷場で行われた。新規栽培者を中心に約30人が参加し、特性や品種、作柄など栽培の基本などを学んだ。


 講師で宮古農林水産振興センター農業改良普及課農業技術班の新崎泰史技師が▽畑の選定・植付準備▽播種・発芽後と開花後の管理▽かん水、肥培管理-などについてアドバイスした。


 このうち、畑の選定について新崎さんは、土壌のpH(ペーハー)が適正であることや、排水が良い畑などの選定要件を説明し、「土壌のpHは6・0~8・0の弱酸性からアルカリ性なら大丈夫で、宮古の畑の多くはこの範囲内に入る」と話した。


 新崎さんは「オクラ栽培の8割が発芽にかかっている」と話し、発芽の条件として▽播種前に十分かん水しておく▽覆土は湿らせた培養土が望ましい-などと助言した。

  • 宮古島の人口

    令和元年7月1日現在

    宮古島市 54,698 人
    27,554 人
    27,144 人
    世帯数 27,615 軒
    多良間村 1,141 人
    608 人
    533 人
    世帯数 521 軒
  • 天気


  •  

    2019年4月
    « 3月   5月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2