2019年5月4日(土) 8:55

宮古の織物展が開幕/市伝統工芸品セ

手作り品2000点販売


「すだーすぬぬ」の洋服を着た女性は、試しに帽子をかぶった=3日、市伝統工芸センター

「すだーすぬぬ」の洋服を着た女性は、試しに帽子をかぶった=3日、市伝統工芸センター

 第5回宮古の織物展「すだ~すぬぬと島の工芸市」(主催・同実行委員会)が3日、上野野原の市伝統工芸品センターで開幕した。心温まる手作りの商品約2000点を展示した。女性の中には、涼しげな宮古上布の古布でつくった洋服を着て来場。古布で手作りしたキーホルダーや財布、バッグ、帽子などを買い求めていた。6日まで。入場無料。


 オープニングで、実行委員会の神里佐千子委員長は「多くの方に手作りの良さを実感してほしい。島の工芸の発展のきっかけになれば」と期待を込めた。


 今回の17グループ展では、アイデアで工夫した商品を出展。人気商品が多く、チガヤ製の蓋付きかご、月桃まくらなどには売約済みの札が貼られていた。


 有料の小さな機織り体験コーナーとあだん葉小物コーナーは家族連れで好評だった。


 長畑佳子さん(41)は「12日は『母の日』。東京に住んでいる母に贈るために、ストールとススキ製のほうきを買った。きっと母は喜ぶと思う」と笑顔で話した。


 宮古方言の「すだ~すぬぬ」とは、直訳で「涼しい布」、主に宮古上布を指している。


 展示販売時間は午前10時~午後5時。6日最終日は午後4時まで。


 問い合わせは同センター(電話74・7480)へ。

  • 宮古島の人口

    令和元年10月1日現在

    宮古島市 54,752 人
    27,579 人
    27,173 人
    世帯数 27,740 軒
    多良間村 1,126 人
    602 人
    524 人
    世帯数 515 軒
  • 天気


  •  

    2019年5月
    « 4月   6月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2