2019年5月9日(木) 8:58

紙ヒコーキ全国準V/滞空時間14・78秒

平安山君「来年は1位になる」


折り紙ヒコーキ全国大会で準優勝した平安山君(中央)。前列左から小堀支社長、母親の恵利香さん。右は友利支部長。後列は宮國教育長ら市教育委員会委員=8日、市役所城辺庁舎

折り紙ヒコーキ全国大会で準優勝した平安山君(中央)。前列左から小堀支社長、母親の恵利香さん。右は友利支部長。後列は宮國教育長ら市教育委員会委員=8日、市役所城辺庁舎

 室内での滞空時間を競う第2回JAL(日本航空)折り紙ヒコーキ全国大会で城辺小5年生の平安山英劉(える)君が準優勝した。記録は14・78秒で、「来年は1位になれるように練習を頑張る」と話した。


 大会は4月13日に東京で行われ、全国カ所の予選大会を勝ち抜いた68人と、第1回目の優勝者を含めた総勢70人(小学生以下の部と一般の部)が出場。自作の折り紙ヒコーキを、体全体を使って遠くに飛ばせて、飛行時間の長さを競い合った。


 平安山君は、昨年行われた宮古島地区予選で優勝した。宮古は折り紙ヒコーキ大会の実績があるため、県大会を経ずに、宮古地区予選の優勝者が全国大会に出場することができるという。


 平安山君は8日、市役所城辺庁舎で宮國博教育長に準優勝を報告。「自己記録には届かなかったけれど2位になれた。目標は表彰台だったので達成できてうれしい」と喜びを話した。


 兄の莞吹君は全国出場経験者、父親の裕作さんは宮古島地区予選上位入賞の常連で、家族ぐるみで折り紙ヒコーキの技を磨いているという。


 宮國教育長は「おめでとう。一生懸命勉強して、今度はパイロットになって本物の飛行機を操縦してほしい」と激励した。


 折り紙ヒコーキ協会宮古島支部長の友利正治さんも同席し「開会式では選手宣誓も行い結果も出した。強いハートの持ち主」とたたえた。


 JALグループの日本トランスオーシャン航空(JTA)宮古支社長の小堀健一さんは「全国2位は素晴らしい。今年は多良間を含めたオール宮古島大会を開催しさらにステップアップしていきたい」と話した。

  • 宮古島の人口

    令和元年5月1日現在

    宮古島市 54,579 人
    27,494 人
    27,085 人
    世帯数 27,537 軒
    多良間村 1,145 人
    615 人
    530 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2019年5月
    « 4月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2