2019年6月5日(水) 8:56

父の遺志引き継ぎ清掃/東京の塚本さん家族

12年継続、交流も広がる


父親の遺志を引き継ぎ清掃に汗を流した仁さん(前列左)、小夜子さん(同2人目)、久仁栄さん(同3人目)と活動に賛同したメンバーら=4日、新城海岸

父親の遺志を引き継ぎ清掃に汗を流した仁さん(前列左)、小夜子さん(同2人目)、久仁栄さん(同3人目)と活動に賛同したメンバーら=4日、新城海岸

 東京から毎年宮古島を訪れ、12年間にわたり新城海岸を清掃している家族がいる。父親は昨年亡くなったが、遺志を引き継ぐ形で、今年からは子どもたちが中心になり4日に清掃を行った。趣旨に賛同し、一緒に清掃する人も増え交流の輪が広がっている。子どもたちは「今までやってきたことを無駄にしたくない。父も天国で喜んでくれていると思う」と話した。


 新城海岸を清掃していたのは、塚本一雄さんとその妻の小夜子さん、二男の仁さん、嫁の久仁栄さんの家族4人。4人は大好きな宮古島を毎年訪れては、観光の合間を縫って清掃に汗を流していた。


 家族が清掃を始めたきっかけは、同海岸でパーラーを営む福原栄吉さんが清掃している姿を見掛けたことだ。「せっかく来てくれる人がいるのだから、きれいなビーチで楽しんでほしい」との福原さんの言葉に感銘を受けたという。


 新城海岸が気に入っていた一雄さんは昨年12月に心不全で帰らぬ人となった。享年歳。結婚50周年の金婚式の翌日で、夫婦で「年が明けて落ち着いたら、家族で旅行に行こうか」と話している矢先だったという。


 それから約5カ月後。新城海岸には塚本さん家族が清掃に励む姿があった。今年は長男の一博さん嫁の陽子さんも参加。塚本さんの活動に賛同して、一緒に清掃する観光客や地元の人たちも増えた。


 小夜子さんは「夫が今までやってきたことを無駄にしたくない。活動の輪も広がってきたので、これからも続けていきたい」と話した。


 仁さんは「父は波もおだやかなこの海岸が大好きだった。私たちがこれまでと変わらずに清掃を続けることを、父も天国で喜んでくれていると思う」と語った。

  • 宮古島の人口

    令和元年9月1日現在

    宮古島市 54,764 人
    27,606 人
    27,158 人
    世帯数 27,737 軒
    多良間村 1,131 人
    604 人
    527 人
    世帯数 517 軒
  • 天気


  •  

    2019年6月
    « 5月   7月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2