2019年6月11日(火) 9:00

水納島航路船 契約内容を問題視/多良間村議会

初の特別委設置、調査
伊良皆村長正当性主張「住民生活守るため」


5氏が登壇した多良間村定例会一般質問=10日、多良間村議会議場

5氏が登壇した多良間村定例会一般質問=10日、多良間村議会議場

 【多良間】多良間村議会(森山実夫議長)の6月定例会が10日、開会した。初日は一般質問が行われ、5氏が登壇し、当局をただした。水納島航路船の管理運営について、契約内容や村当局の対応に問題があるとして、議員らが厳しく追求。伊良皆光夫村長は「住民の生活、命、経済を守るためのもの。当初から何度も説明している」と述べた。豊見山正氏への答弁。


 この問題に対し、議員らは4月に特別委員会を設置。議会事務局によると、村の歴史上、初という。5月20日に第1回委員会を開き、経緯などの調査を始めている。


 同航路船は、住民や観光客の安全・安心な生活の確保と、産業の振興を図ることを目的としている。2017年に予算化され、県の一括交付金を活用して8089万円で購入し、今年4月2日に水納島の南島牧場と運営管理の契約を締結している。12人乗りで12トン。現在は航路申請中のため、運航はせず水納島に停泊中という。


 当局は議会議決が必要な指定管理者制度の導入を説明していたが、途中で方針を変え、議会議決が不要である普通財産の貸付に変更して、契約を締結した。契約書に使用料の額が明示されてないことや、契約期間が「使用不能になるまで」としていること、不定期船であることが問題視されている。


 使用料について当局は現在協議中であるとし、年1回払いを10年間続ける内容で進めている」としたが、金額は示さなかった。また11年目からは使用料は無料になると説明した。豊見山氏は「これでは不公平、不平等だ。10年間の契約期間を設けた方が良い」と述べた。


 富原安則氏は「議会審議を逃れるように契約を締結している。議会軽視も甚だしい。村民からも不満の声が多い」と強調した。


 多良間海運のフェリーの新造船計画について、伊良皆村長は「総事業費は約19億円。2021年度の運航を予定している」と明かした。福嶺常夫氏への答弁。


 この日は本村健次氏、渡口直和氏らも質問した。

  • 宮古島の人口

    令和元年8月1日現在

    宮古島市 54,728 人
    27,562 人
    27,166 人
    世帯数 27,657 軒
    多良間村 1,134 人
    605 人
    529 人
    世帯数 518 軒
  • 天気


  •  

    2019年6月
    « 5月   7月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2