2019年6月25日(火) 8:56

取扱総額8000万円超/宮古島漁協18年度

マグロ、ブダイが豊漁


2018年度は大物キハダマグロの豊漁で活気づいた=2019年3月、宮古島漁協競り市場

2018年度は大物キハダマグロの豊漁で活気づいた=2019年3月、宮古島漁協競り市場

 宮古島漁業協同組合(儀保正司組合長)は24日までに、2018年度魚介類取扱実績をまとめた。それによると、総量は前年度13%増の99㌧、総額は前年度比15%増の8311万円と高水準を推移した。総額8000万円を超えたのは7年ぶり。大物キハダマグロやブダイなどが豊漁に恵まれ全体を押し上げた。


 魚種別で取扱量が最も多かったのはキハダマグロで数量18㌧、金額にして1583万円(平均キロ単価859円)だった。


 エビ類の平均キロ単価は、ゾーリエビ3158円、イセエビ3153円、トラエビ2016円で平年並みの高値。


 イカ類の平均キロ単価は、赤イカ1622円、白イカ1552円、甲イカ1412円と平年並みを推移した。


 高級魚別の平均キロ単価をみると、アカジンミーバイが1821円でトップ。次いでアーラミーバイ1530円、赤マチ1455円、ユダヤーミーバイ1155円、シチューマチ1154円となっている。


 キハダマグロを除いたマグロ類では、メバチが3㌧、234万円、トンボ(ビンナガマグロ、ビンチョウマグロなどとも呼ぶ)3・5㌧、金額165万円。


 大衆魚別ではブダイ13㌧、1259万円、ツノマン(マブユ)2・6㌧、112万円、アバサー1・2㌧、86万円を達成した。マクブの取扱量は少なかったが、平均キロ単価は1651円と高値だった。


 その他の平均キロ単価は、タコ1076円、ヤコウガイ955円だった。


 同組合は「組合員の技術向上や出漁回数の増加などで豊漁となった。感謝でいっぱい。今年度も引き続き航海安全を第一に豊漁を願う」と期待を込めた。

  • 宮古島の人口

    令和元年7月1日現在

    宮古島市 54,698 人
    27,554 人
    27,144 人
    世帯数 27,615 軒
    多良間村 1,141 人
    608 人
    533 人
    世帯数 521 軒
  • 天気


  •  

    2019年6月
    « 5月   7月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2