2019年7月2日(火) 8:57

茅の輪くぐり無病息災/宮古神社「夏越の大祓」

参拝者は「茅の輪」を8の字でくぐって清めた=6月30日、宮古神社

参拝者は「茅の輪」を8の字でくぐって清めた=6月30日、宮古神社

 宮古神社で6月30日、半年ごとに罪や汚れを払う神事「夏越(なごし)の大祓(おおはらえ)」が営まれた。快晴の下、参拝者らは、「茅(ち)の輪」を「8」の字を描くように3回くぐり、無病息災を祈った。


 大祓とは毎年、6月と12月に行われる神社の年中行事。日常生活の中で知らず知らずのうちに重ねてきた罪や汚れを型代(かたしろ)という紙製の人形(ひとがた)に移してはらい清めるとともに、半年の平穏無事を願って茅の輪をくぐる。6月に行われるものを夏越の大祓と呼ぶ。


 来場者たちは神主からおはらいを受け、切麻(きりぬさ)」と呼ばれる細かく切った紙と麻を両肩に掛けて身を清めた後、境内に設けられた茅の輪を3回くぐって、年末までの残り半年の無病息災を祈願した。


 茅の輪くぐりの後には、ちびっこらんどニライカナイによる奉納演舞が行われた。

  • 宮古島の人口

    令和元年10月1日現在

    宮古島市 54,752 人
    27,579 人
    27,173 人
    世帯数 27,740 軒
    多良間村 1,126 人
    602 人
    524 人
    世帯数 515 軒
  • 天気


  •  

    2019年7月
    « 6月   8月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2