2019年8月15日(木) 8:56

石垣(宮高卒)が代表候補に/東京五輪・7人制ラグビー

石垣航平

石垣航平

 日本ラグビーフットボール協会はこのほど、東京五輪の男子7人制ラグビーの「セブンズ・デベロップメント・スコッド」のメンバーを発表した。日本代表候補に成り得る選手の育成・強化を図るメンバーとして、宮古島市出身の石垣航平(26)=宮高、帝京大卒=がこれまで2度、選出された。合宿に呼ばれるなど、東京五輪への道を切り開いている。


 オリンピックのラグビー競技は7人制で、リオ五輪から正式競技に採用されている。東京五輪には男女それぞれ12カ国が出場。日本は開催国枠で男女ともに出場が決定している。


 7人制はフィールドの大きさは15人制と同じで、7分ハーフで試合を行う。フォワード3人、バックス4人で構成される。プレーヤーが少ない分、ボールが大きく動き、スピードと俊敏性、ハンドリングスキルが重要となる。


 宮高でラグビーを始めた石垣は、恵まれた体格を生かし、チームを2年連続県大会準優勝に導く原動力となった。進学した帝京大学では大学選手権の7連覇に貢献するなど活躍。卒業後は社会人の「コカ・コーラレッドスパークス」に入団している。身長183センチ、体重98キロ。ポジションはセンター。

  • 宮古島の人口

    令和元年8月1日現在

    宮古島市 54,728 人
    27,562 人
    27,166 人
    世帯数 27,657 軒
    多良間村 1,134 人
    605 人
    529 人
    世帯数 518 軒
  • 天気


  •  

    2019年8月
    « 7月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2