2019年9月1日(日) 8:57

夢、希望ある事業展開へ

老人クラブ平良支部大会
功労者表彰、芸能も披露


芸能大会には7団体11組が出演して日ごろの活動の成果を披露した=31日、マティダ市民劇場

芸能大会には7団体11組が出演して日ごろの活動の成果を披露した=31日、マティダ市民劇場

 市老人クラブ連合会平良支部(花城愛子支部長)は31日、マティダ市民劇場で第14回大会を開き、健康、友愛、奉仕の推進を掲げた大会宣言を確認した。老人クラブの育成に尽くした功労者らも表彰した。大会後は芸能大会で日ごろの活動の成果を披露し合った。


 平良支部は32団体1500人余の会員で構成。年間を通してさまざまな活動を行い、地域の高齢者福祉の向上に寄与している。


 大会で花城支部長は「少子高齢化や多様な社会環境の変化は、私たち高齢者の生活にもさまざまな影響を及ぼしている」という現状に触れ、「このような社会環境の中で、私たち老人クラブは、健康、友愛、奉仕の三大運動を基本としながら高齢者の夢と希望のある事業を展開し、自らの生きがいづくりと心と体の健康作りを推進したい」と話す言葉に決意を込めた。


 この後、老人クラブ育成功労者や作品展入賞者を表彰した。花城支部長が一人一人に賞状と記念品を手渡し、日ごろの老人クラブ活動をたたえた。


 下地敏彦市長(代読)ら来賓祝辞の後、結の会老人クラブの下地ヨシ子さんが大会宣言案を朗読。具体的な活動として▽高齢者が参画する社会づくり、世代間交流▽「健康寿命」を伸ばす活動▽健康・友愛・奉仕の全国三大運動-などの推進を挙げた。参加会員が大きな拍手でこれを認めた。


 大会後は芸能大会が盛大に開かれ、7クラブ11組の出演者が日ごろの活動の成果を発表した。


 表彰された会員は次の通り。(敬称略)
 【育成功労者】仲間泰弘(池間老人クラブ)、下地英孝(同)、仲間タイ子(同)、根間義雄(狩俣老人クラブ)、楚南隆(西原みどり会)、浜川清重(同)、村山賢雄(同)、浜川敏昭(同)、下地雅繁(同)、前泊豊彦(同)、松原キミエ(松原老人クラブ)、松原悦子(同)、長崎久子(同)、田村美佐子(同)
 【作品展最優秀賞】手芸の部=川上京子▽手工芸の部=仲間シゲ子▽クラフトの部=赤嶺和子


  • 宮古島の人口

    令和元年9月1日現在

    宮古島市 54,764 人
    27,606 人
    27,158 人
    世帯数 27,737 軒
    多良間村 1,131 人
    604 人
    527 人
    世帯数 517 軒
  • 天気


  •  

    2019年9月
    « 8月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2