2019年9月8日(日) 8:55

優雅な舞で観客魅了

八月踊り 塩川で「正日」


多くの観客の注目を集めた組踊り「忠臣公之組」=7日、ピトゥマタ御願

多くの観客の注目を集めた組踊り「忠臣公之組」=7日、ピトゥマタ御願

 【多良間】国の重要無形民俗文化財に指定されている多良間島の「八月踊り」は7日、塩川のピトゥマタ御願で「正日」が行われた。躍動的な踊りや優雅な舞を繰り広げ、20余の演目で大勢の観客らを魅了した。最終日の8日は仲筋、塩川の両地区で「別れ」を行う。


 塩川の正日は午前10時ごろに開幕。勇壮な獅子舞で会場を清めると、総引きで出演者全員が顔見せをした。「よーんしー」では男性10人が威勢良く踊り、豪快に笑って会場を沸かせた。


 その後も端踊り、二才踊りなどが次々と披露された。狂言では病院を舞台にしたコントが披露され、会場を爆笑の渦に巻き込んだ。


 組踊り「忠臣公之組(忠臣身替)」は10幕に及ぶ一大絵巻となっており、忠臣亀千代が忠義より敵を討つ物語を演じた。集まった観客は食い入るように見詰めていた。


 塩川字会の福嶺常夫字長は「村民はじめ島外から訪れた郷友、多くの観客の皆さんに感謝したい。八月踊りは先人たちが築き上げた遺産であり、私たちにとって心のよりどころ。伝統文化を心ゆくまで楽しんでもらいたい」とあいさつした。


 那覇市から訪れた40代女性は「琉舞を習っており、八月踊りが有名なので一度来たかった。演目はすべてにおいてレベルが高いので驚いた。最終日も楽しみにしている」と笑顔で話した。


 八月踊りは、旧暦8月8~10日に行われる多良間島最大の伝統行事。期間中は島の内外から訪れる多くの観客でにぎわう。

  • 宮古島の人口

    令和元年9月1日現在

    宮古島市 54,764 人
    27,606 人
    27,158 人
    世帯数 27,737 軒
    多良間村 1,131 人
    604 人
    527 人
    世帯数 517 軒
  • 天気


  •  

    2019年9月
    « 8月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2