2019年9月19日(木) 9:00

「市民提訴」撤回を承認/市議会9月定例会

市長「精査中」繰り返す/再提案は明言避ける


議案撤回の理由などについて説明する下地市長=18日、市議会議場

議案撤回の理由などについて説明する下地市長=18日、市議会議場

市議会(佐久本洋介議長)は18日、開会中の9月定例会で下地敏彦市長から申し出のあった「市民提訴の議案撤回」を全会一致で承認した。撤回理由について下地市長は、議案内容を精査する必要が生じたためと説明。野党議員らからは同議案の再提案の可能性について質疑があったが、下地市長は「内容を精査している最中だ」との答弁を繰り返し明言を避けた。


下地市長は撤回理由について▽議案書で引用した民法の文言について多くの指摘があること▽原告名の表示について表示されている内容は市の執行機関としての表示と誤解され、法人としての取り扱いにならないとの指摘があること-の2点について改めて内容を精査する必要があると説明した。


質疑では与党議員からの質問はなく、野党議員らから質問が集中。上里樹氏は撤回の理由に議案の精査を挙げたことについて「議会に提案する議案はしっかりと精査するのではないか。提案した議案は不備があったのか」と質問した。


これに対して、下地市長は「不十分というより、十分理解をしていただき、誤解のないような形にするために精査する。市民を含めて完全に理解をしてもらうためには舌足らずな部分があった。それをしっかりとする必要があると思っている」と答えた。


また、仲里タカ子氏は「議案書の文言について修正し再度提案することもあるのか。その考えもあるのか」と質問。下地市長は「内容を精査している最中」と答えた。その他の議員らも再提案について質問したが下地市長は「精査している最中」との答弁を繰り返した。


一方、真栄城徳彦氏は撤回の要因について「いろいろなところからバッシングや批判があったこともあるのか」とただした上で、「もう一度精査して必要があれば再提案をしてほしい」と述べた。


これに対して下地市長は「私が今回訴えようとした内容とマスコミ報道の内容にずれがある。市民が市政運営について意見を述べるのは当然だが、最高裁で決着した後にも市役所がおかしいと言うのはやめてほしい。ものには節度がある。表現の自由どうのこうのということではない。この論議だけが先行しているのはおかしい」と述べた。


同日、本会議開会前に議会運営委員会(粟国恒広委員長)で市から提案された「訴えの提起」の撤回について審議され、予定されていた一般質問前に質疑、討論、採決まで行うことを決めた。

  • 宮古島の人口

    令和元年10月1日現在

    宮古島市 54,752 人
    27,579 人
    27,173 人
    世帯数 27,740 軒
    多良間村 1,126 人
    602 人
    524 人
    世帯数 515 軒
  • 天気


  •  

    2019年9月
    « 8月   10月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2