宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2019年9月19日(木) 8:56

元気に校歌遊戯/下地小学校

児童210人が運動会


校歌遊戯を披露する児童たち=15日、下地小運動場(写真提供・下地小学校)

校歌遊戯を披露する児童たち=15日、下地小運動場(写真提供・下地小学校)

 下地小学校(乾邦夫校長)は15日、同校運動場で運動会を開催した。スローガンは「下地っ子 笑顔の花を 咲かせよう」。全校児童210人が躍動する姿を見せ、会場中に笑顔の花を咲かせていた。


 校歌遊戯では、全校児童が校章と市章を印刷した小旗を持ち、一糸乱れぬ踊りを見せて会場から大きな拍手を受けていた。


 5・6年生によるエイサーでは「令和の幕開け!響け63の心」をテーマに、勇壮な演舞を披露した。


 1年生による特技は玉入れ。楽しそうに玉を投げ入れ、結果に一喜一憂していた。


 児童たちは笑顔で多彩な種目に挑戦した。会場に集まった多くの保護者や地域住民は、かわいらしい姿に目を細めていた。


 最後には会場全員で綱引きを行い、下地のクイチャーを踊って運動会を締めくくった。