2019年9月21日(土) 8:59

「カーキだこおいしい」/島尻購買店内に食堂開店


商売繁盛に意欲を示す辺土名代表(右)と地域おこし協力隊の井上さん

商売繁盛に意欲を示す辺土名代表(右)と地域おこし協力隊の井上さん

 平良島尻地域で島頭(すまず、辺土名清志代表)が運営する島尻購買店の店内に20日、パーントゥ食堂がオープンした。島尻唯一の食堂。本土からの観光客や地元住民らが来店し、地元特産の「カーキダコ」(薫製タコ)を使った「カーキだこ丼」を食べて「おいしい」と歓声を上げていた。


 島尻購買店はこれまで島尻自治会が運営していた。しかし、経営が厳しかったことから、辺土名代表が島尻自治会と賃貸契約を結び、今年4月から運営している。施設の賃貸料は無料。


 辺土名代表は「買い物弱者である高齢者のためにも、引き続き運営することにした」と説明する。


 その上で「島尻購買店を拠点に地域活性化を図りたい。購買店とパーントゥ食堂の売り上げを伸ばし、地域に貢献したい」と気持ちを引き締める。


 パーントゥ食堂はテーブル5点と椅子10点を配置。メニューは「スマズカーキだこ丼×ミニそばセット」「スマズカーキだこ丼」「チャンプルー定食」「魚汁定食」「スマズそば」「ポーク卵定食」。


 店内には店で買った刺し身や弁当などを食べることができるイートインコーナーも設けられている。 


 本土から観光の合間に来店した山本夢さん(32)は、「スマズカーキだこ×ミニそばセット」(税込み1296円)を注文。「薫製のタコがめちゃおいしい。薫製の香りが鼻を抜け、タコとタマネギの甘みがよく合っておいしい」と絶賛した。


 地元の花城周作さん(44)は「魚汁を食べたが、絶品の味だった。おかわりしたかった」と笑顔で話した。


 同じく辺土名豊一さん(81)は「スマズそばのおいしさは一番。たまらない味だった」と大満足の様子で語った。


 本土出身の井上歩美さんは、地域おこし協力隊としてパーントゥ食堂のオープンを支援し、盛り上げる。市の地域おこし協力隊募集に応募し、採用された。現在は市企画調整課で勤務。


 井上さんは「担当地域は島尻と大神島。一生懸命頑張って地域力を高めたい」と意欲を見せる。


 パーントゥ食堂の営業時間は午前11時半~午後2時。不定休。
 問い合わせは、島尻購買店(72・5258)へ。

  • 宮古島の人口

    令和元年10月1日現在

    宮古島市 54,752 人
    27,579 人
    27,173 人
    世帯数 27,740 軒
    多良間村 1,126 人
    602 人
    524 人
    世帯数 515 軒
  • 天気


  •  

    2019年9月
    « 8月   10月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2