宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2019年10月4日(金) 8:54

【郷友会便り】郷土芸能楽しみ親睦/東京多良間郷友会

多良間まつりに郷友250人参加


終始和やかな雰囲気に包まれたまつり会場=9月22日、東京都の北区赤羽会館大ホール(写真提供・東京多良間郷友会)

終始和やかな雰囲気に包まれたまつり会場=9月22日、東京都の北区赤羽会館大ホール(写真提供・東京多良間郷友会)

 【那覇支社】東京多良間郷友会(吉本春良会長)主催の第86回多良間まつりが9月22日、東京都北区赤羽会館大ホールで開催された。東京など関東方面に居住する郷友や家族、友人、知人ら約250人が集い、ふるさと多良間への思いを共有しながら親睦を深め合った。同郷友会は、水納島を含む多良間村出身者や2世、3世の郷友らによって組織されている。


 主催者あいさつで、吉本会長は「われわれの郷友会は、多良間の『かなすあぐ』という博愛心で、社会への貢献を目指している。きょうはイチャリバチョウデー(出会えば皆兄弟)の精神で、みんなで一緒に楽しく過ごそう」と呼び掛けた。


 会場では、各テーブルを囲んだ郷友らが、久方ぶりの出会いを喜び合って乾杯し、互いの近況を報告したり思い出話に花を咲かせるなど、終始和やかな雰囲気に包まれていた。


 特設ステージでは、多良間島の伝統芸能である「獅子舞・二才踊り」のほか、ヨーンシー、琉球民謡、三線演奏など多彩な余興が繰り広げられ、まつりを盛り上げた。シンガーソングライターSatokoさんも、華麗な歌とギター演奏で花を添えた。最後は、参加者全員でクイチャーをにぎやかに踊り、来年の再会を誓い合った。


 多良間まつりの前には、2019年度定期総会を開き、18年度収支決算・監査や活動報告案、19年度活動計画案などを審議し、満場一致で承認した。


 東京多良間郷友会は、遠くふるさとを離れた都会で旧交を温める場を作ろうと、1933年に結成された。以来、東京など関東一円に住む多良間出身者や縁故者らが一堂に会し、毎年1回の定期総会・多良間まつりをはじめ、年末や新年の節目に三味線愛好会を開くなど、郷土芸能を楽しみながら親睦を深めている。

  • 宮古島の人口

    令和2年12月1日現在

    宮古島市 55,032 人
    27,825 人
    27,207 人
    世帯数 28,388 軒
    多良間村 1,103人
    602 人
    501 人
    世帯数 520 軒
  • 天気


  •  

    2019年10月
    « 9月   11月 »
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2