2019年10月4日(金) 8:55

県選抜選手に奨励金/宮古サッカー協会

勝連君ら7人がトレセンに


県選抜チームのメンバーに選ばれた児童生徒に奨励金が贈られた=2日、市陸上競技場会議室

県選抜チームのメンバーに選ばれた児童生徒に奨励金が贈られた=2日、市陸上競技場会議室

 宮古サッカー協会(宮国敏弘会長)は2日午後、県のトレーニングセンター(トレセン)参加メンバーに選ばれた宮古地区の児童生徒7人に奨励金を贈った。市陸上競技場会議室で行われた交付式で宮国会長は「宮古代表として胸を張り、誇りを持って頑張れ」と激励した。


 県トレセンは、県サッカー協会が実施しているトレーニングセンター制度の通称。年齢カテゴリー別に選抜された児童生徒が一堂に会し、技術と技を磨く。


 このトレセンの会場が沖縄本島であることから、宮古サッカー協会は派遣費用の負担軽減を目的に定期的に奨励金を贈っている。


 選抜選手は一人一人決意を語った。U-11男子の勝連遼君(エスペランサ上野FC)は、「正々堂々とプレーをしたい」と抱負。U-12男子の菅浪涼平君(平良第一FC)は「さらに上に行けるように練習を頑張りたい」と意気込んだ。


 U-12女子で選ばれた高木晴禾さん(エスペランサ上野FC)は「感謝の気持ちを力に頑張る」と周囲の支援に感謝。U-14男子メンバーの神里裕陽さん(平良中)は「県トレセンの仲間と仲良くし、切磋琢磨(せっさたくま)して練習に励む」と話した。


 平良中の新城凜さんと川満恋音さんはU-14女子に選抜。新城さんは「これからもっとうまくなれるように日々の練習を頑張る」と決意し、川満さんは「九州トレセンを目指したい」と力強く抱負を語った。


 U-17女子で選ばれた宮高の平良文果さんは「このトレセンで結果を残し、宮古の女子サッカー界を盛り上げたい。お手本になれるように頑張る」と誓った。

  • 宮古島の人口

    令和元年10月1日現在

    宮古島市 54,752 人
    27,579 人
    27,173 人
    世帯数 27,740 軒
    多良間村 1,126 人
    602 人
    524 人
    世帯数 515 軒
  • 天気


  •  

    2019年10月
    « 9月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2