宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2019年11月3日(日) 8:59

北女子が5連覇達成/全宮古中学駅伝

男子は平良V2


ゴールに飛び込む平良男子のアンカー与那覇礼夢=2日、市陸上競技場

ゴールに飛び込む平良男子のアンカー与那覇礼夢=2日、市陸上競技場

笑顔でゴールテープを切る北女子のアンカー比嘉世莉奈=2日、市陸上競技場

笑顔でゴールテープを切る北女子のアンカー比嘉世莉奈=2日、市陸上競技場

 第49回男子、第36回女子の全宮古中学校駅伝競走大会(主催・宮古中学校体育連盟)が2日、市陸上競技場付設の宮古中体連駅伝コース(男子6区間20キロ、女子5区間12キロ)で行われた。男女ともに14校が出場し、健脚を競った結果、男子は平良が1時間11分3秒で2連覇を飾り、女子は北が大会新記録となる47分45秒で大会初の5連覇を達成した。


 男子平良は、1区から最終6区まで一度もトップを譲ることなく、2位に1分2秒差をつけてゴールテープを切った。


 女子北は、2区でトップを譲ったが、最終5区で21秒差を逆転。大会新記録で5連覇を成し遂げた。


 男子は優勝した平良ほか北、上野、西城が県大会出場権を獲得。女子は北、久松、西辺、鏡原。県大会は11月16日に国頭地区で開催される。


 昨年大会と比較して、最もタイムを短縮したチームに与えられる躍進賞は、男子が多良間、女子が西辺に贈られた。