宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2019年11月14日(木) 8:57

宮高が優秀校に/県高校郷土芸能大会

クイチャーなど披露


舞台上で元気いっぱいのパフォーマンスを見せた部員たち=9日、沖縄市民会館大ホール(提供写真)

舞台上で元気いっぱいのパフォーマンスを見せた部員たち=9日、沖縄市民会館大ホール(提供写真)

 第43回県高校総合文化祭・第30回県高校郷土芸能大会が9日、沖縄市民会館で行われた。宮古からは宮古高校郷土芸能部が出場し舞台上でパフォーマンスを行った結果、優秀校に選ばれた。同大会には沖縄本島や石垣島などから計11校が参加した。


 宮高郷土芸能部は創部6年。普段は地域の福祉施設の慰問や企業団体の祝賀会などで踊りを披露するなどの活動を行っている。今回は創部以来初の試みとして高文祭郷土芸能大会に出場した。


 披露した演目は「んなまからどぅ宮古世」。「漲水のクイチャー」で伝統の踊りを見せ、「伊良部トーガニ」など「恋」のテーマや「仲立のみががま」などのメドレーで労働の喜びと宮古の人たちの「ワイドー精神」を表現した。


 同大会は郷土の歴史と文化の中に伝承されてきた伝統芸能の普及と各学校における郷土芸能部の育成を図る目的で行われており、全国高校総合文化祭への選考も兼ねている。


 結果は次の通り。


 優秀校=八重山農林(全国派遣)▽八重山(同)▽八重山商工▽南風原▽宮高