宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2019年11月27日(水) 8:55

社会教育功労表彰を受賞

県教委が活動を評価/宮婦連が教育長に報告


社会教育功労表彰を報告する島尻会長(前列右から3人目)ら=26日、市役所城辺庁舎

社会教育功労表彰を報告する島尻会長(前列右から3人目)ら=26日、市役所城辺庁舎

 宮古地区婦人連合会(島尻清子会長)がこのほど、県教育委員会から社会教育功労表彰を受けた。島尻会長と役員らが26日、市役所城辺庁舎に宮國博教育長を訪ね、受賞を報告した。


 同連合会は1951年に結成。演芸会や各種研修会の活動を行い、「笑顔ある美しい地域づくりや組織づくり」を目指していることが評価された。


 今月19日に浦添市で開催された第61回県社会教育研究大会の中で、県教委の平敷昭人教育長から表彰を受けたという。


 島尻会長は「これまで長年、市教育委員会から助成金をいただいたり、市民からの支援があったからこそもらえた表彰。大変ありがたく思っている」と喜びを語った。


 報告を受けた宮國教育長は「長年にわたる活動の歴史や内容が表彰につながった。男女共同参画社会をつくるためにも皆さんの活動は大変素晴らしい。皆さんがやっていることは社会浄化だと思う」と述べた。