2019年12月6日(金) 8:59

プロへの道 熱く語る/FC琉球

上里選手が母校で講演/サッカー教室で技術指導も


上里選手が講演会で夢を持つことの大切さを講話した=5日、南小体育館

上里選手が講演会で夢を持つことの大切さを講話した=5日、南小体育館

 宮古島出身でプロサッカーチームFC琉球に所属する上里一将選手は5日、母校の南小学校(砂川修校長)の体育館で教育講演会を行い、「夢への挑戦」という演題で講話した。上里選手は「自分がなりたい夢を持ち、口に出して伝え、それに向かって頑張ってほしい」と話した。


 上里選手は、初めて宮古からのプロサッカー選手になることができたが、周りはみんなうまい選手ばかりなので「どうし

上里選手(右)と進行役を務めるFC琉球の野原輝人さん

上里選手(右)と進行役を務めるFC琉球の野原輝人さん

たら勝てるか、客観的に自分を見るようになった」と話した。


 その上で「相手の長所を生かして周りが気持ち良くプレーできるように心掛けている」とサッカーに対する取り組み方を述べた。


 そして、「夢を持ってキラキラ輝く大人になってほしい。夢がまだ見つからない人も大丈夫。いつか見つかる日が来る。その時まで、目の前のことを一生懸命頑張ってほしい」と激励した。


 講演会には多くの保護者らも駆け付け、上里選手の講話に耳を傾けていた。


 吉浜潤君(6年)が「上里選手がみんなのために動いてプレーしていることが心に残った。僕もサッカーをしていて県大会に出場する。きょう、教わったことを生かして頑張りたい」と話し、礼をした。


 また、夕方からJTAドーム宮古島で小学4~6年生を対象にした「FC琉球サッカー教室」も開催された。平一FCなど7チームから約100人が参加。ミニゲームを行い、プロサッカー選手のプレーを肌で感じていた。


 同教室には上里選手の他に徳元悠平選手、上門知樹選手、上原慎也選手、儀保幸英選手も参加し、サッカーを通して児童たちとの交流を楽しんだ。


 インデペンディエンテの沖野凌空君(北小6年)は「プロサッカー選手と一緒にプレーできて楽しかった」と笑顔だった。

  • 宮古島の人口

    令和2年1月1日現在

    宮古島市 54,815 人
    27,629 人
    27,186 人
    世帯数 27,858 軒
    多良間村 1,122 人
    604 人
    518 人
    世帯数 512 軒
  • 天気


  •  

    2019年12月
    « 11月   1月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2