宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2019年12月29日(日) 9:00

結の橋クラブ(男子)初優勝/県小学バレー

強打とブロックで圧倒/地元の大声援に応える


開校年度で初優勝を果たした結の橋クラブ=28日、伊良部島小・中体育館

開校年度で初優勝を果たした結の橋クラブ=28日、伊良部島小・中体育館

 第42回りゅうぎんカップ県小学生バレーボール大会(主催・県バレーボール協会)は28日、伊良部島小学校・中学校体育館で最終日を実施した。男女の決勝まで行われ、男子は地元の大声援を受けた結の橋クラブ(伊良部島小)が初優勝を飾った。女子は長嶺クラブ(島尻地区)が制した。


 男子決勝は結の橋対西原南が対戦した。結の橋は、エース源河朝敬の高さを生かした強打とブロックで得点を重ね、第1セットを21-7で圧倒した。


 第2セットは一転して、一進一退の攻防となった。一時はセットポイントを奪われたが、粘り強くボールをつないで逆転に成功。23-21で優勝をつかんだ。


 結の橋は予選から決勝まですべてストレート勝ちと、強さを見せつけた。優勝が決まると大応援団と共に喜びを爆発させた。


 主将を務める源河は「とってもうれしい。応援のおかげで緊張がほぐれ、良いプレーができた。厳しい場面もあったが、焦らずに戦えた」と笑顔で語った。


 結の橋の與座清隆監督は「プレッシャーはあったので優勝できてほっとした。この優勝は地域の応援があってこそ。選手が期待に応え、良い場面で良いプレーを出してくれた」と述べた。


 女子優勝の長嶺も全試合ストレート勝ち。主将の川端菜々子は「優勝を達成できて良かった。決勝ではリードされる展開もあり緊張したが、みんなで最高のプレーができた」と笑った。


 長嶺の与儀実盛監督は「子供たちが力を合わせて優勝してくれた。サーブが入り、リズムの良いコンビバレーが生かせた」と振り返った。

  • 宮古島の人口

    令和2年6月1日現在

    宮古島市 54,986 人
    27,774 人
    27,212 人
    世帯数 28,259 軒
    多良間村 1,109人
    600 人
    509 人
    世帯数 516 軒
  • 天気


  •  

    2019年12月
    « 11月   1月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2