2020年1月6日(月) 8:56

比嘉さんが全国準優勝/読上算競技

宮古珠算学校から4人入賞


大会で入賞した(前列右から)比嘉さん、久井君(後列右から)久貝さん、平良さん=5日、宮古珠算学校

大会で入賞した(前列右から)比嘉さん、久井君(後列右から)久貝さん、平良さん=5日、宮古珠算学校

 全国珠算競技大会そろばんクリスマスカップ2019(主催・日本珠算協会)がこのほど、埼玉県で開催され、鏡原小学校2年の比嘉杏佳さん(宮古珠算学校)が読上算競技で準優勝、個人総合競技で24位、読上暗算競技で27位に入賞した。同珠算学校から比嘉さんを含め7人が出場し、4人が入賞を果たした。


 大会には全国の199団体から666人が出場。五つの競技で争い、各競技の30位以内が入賞の対象となった。小学2年生以下の部は70人が競った。


 同部の読上算競技で、比嘉さんは優勝した相手と同点という結果で2人による再競技となった。再競技は比嘉さんが正解すると相手も正解、不正解すると不正解と互いに譲らず7度にわたる熱戦の末に比嘉さんが涙を飲んだ。


 同珠算学校からは比嘉さんの他に久井亮君(平良第一小2年)が読上算競技12位、フラッシュ暗算競技17位、個人総合競技21位、読上暗算競技27位に入賞した。


 中学生の部には153人が出場し、久貝香莉奈さん(北中3年)がフラッシュ暗算競技で12位、平良林華さん(同)は読上暗算競技で13位に入賞した。


 宮古珠算学校代表の譜久村藤枝さんは「子どもたちは毎日3~4時間、真面目に練習して全国大会に臨んだ。結果には満足している」と喜び、「今後の大会でもさらに上を目指せるように可能性を伸ばしたい」と話した。


 比嘉さんは「7回目の再競技では正解の数字に一つ違いで悔しい思いをした。次は頑張りたい」と意気込みを話した。


 入賞した児童生徒は「緊張した。練習通りに力が発揮できた。入賞できて良かった」などとそれぞれ話した。

  • 宮古島の人口

    令和2年1月1日現在

    宮古島市 54,815 人
    27,629 人
    27,186 人
    世帯数 27,858 軒
    多良間村 1,122 人
    604 人
    518 人
    世帯数 512 軒
  • 天気


  •  

    2020年1月
    « 12月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2