宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2020年2月14日(金) 9:00

追加費用9500万円を可決/多良間村議会

「議会、村民に深くおわび」/新製糖工場問題で村長謝罪


臨時会で製糖工場追加費用について謝罪する伊良皆村長=13日、村議会議場

臨時会で製糖工場追加費用について謝罪する伊良皆村長=13日、村議会議場

 【多良間】多良間村議会(森山実夫議長)の臨時会が13日、村議会議場で行われ、新製糖工場建設に関わる追加費用9500万円を支払うための補正予算案を可決した。伊良皆光夫村長は「追加費用の支払いで議会に混乱を招き、村民に心配を掛けたことは行政の長である私の責任。議会および村民に深くおわび申し上げる」と責任を認め、謝罪した。


 採決では福嶺常夫、安里三喜男、豊見山正、本村健次の4氏が賛成し、可決された。渡口直和、富原安則の両氏は退席し、採決には加わらなかった。


 質疑前に伊良皆村長は建設業界の全国的な労働者不足や、強風の影響によるクレーン作業の中断などを原因に挙げ、「担当課が作業の遅れがないように請負業者と調整を進めてきた。追加費用が発生したのは大変遺憾である」と述べた。


 質疑で豊見山氏は経緯の説明を求めた。仲宗根春光産業経済課長は「調停委員会の中でも何度も協議してきた結果、1億円の支払いを進めており、予算を計上した」と答えた。


 本村氏は村長の責任の取り方を追及。伊良皆村長は「問題解決時には、私の責任をどうゆう形で取るのかは判断していく」と述べるにとどめた。


 富原氏は「終わってから責任を取る必要はない。(村長が)3カ月の減給などの提案がないと、賛成できない」として退席した。


 また、福嶺氏は「村長がわびたこと、裁判となれば大きな負担が生じることから(支払いに)賛成する」と話した。


 今回の補正予算では、歳入歳出に9500万円をそれぞれ追加。予算の総額は31億8064万円となった。

  • 宮古島の人口

    令和2年3月1日現在

    宮古島市 54,830 人
    27,645 人
    27,185 人
    世帯数 27,904 軒
    多良間村 1,124人
    605 人
    519 人
    世帯数 514 軒
  • 天気


  •  

    2020年2月
    « 1月   3月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2