宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2020年2月24日(月) 8:59

宮古男子 県一の栄冠

3度目の挑戦で初
女子選抜も健闘3位
県小学選抜バレー大会


県小学生バレーボール選抜大会で初優勝した宮古男子選抜のメンバー(提供)=23日、西原町民体育館

県小学生バレーボール選抜大会で初優勝した宮古男子選抜のメンバー(提供)=23日、西原町民体育館

3位入賞の宮古女子選抜チーム=23日、宮古空港

3位入賞の宮古女子選抜チーム=23日、宮古空港

 2019年度JA共済第3回ジュニアバレーボールフェスタ県小学生選抜大会が22、23の両日、西原町民体育館であり、男子の部で宮古選抜が初優勝した。チームのエースでキャプテンの源河朝敬君は「ベスト6」メンバーにも選ばれた。與座清隆監督は「3度目の挑戦で優勝することができた」と喜びをかみしめ、「子どもたちに感謝したい」と話した。女子の宮古選抜は3位に入賞した。


 大会には国頭、中頭、浦添、那覇、島尻、宮古、八重山の7地区から男子の部に8チーム、女子の部には12チームが出場した。


 男子宮古選抜は、22日の予選リーグで、島尻、中頭Z、中頭αに勝って決勝トーナメントに進んだ。


 同トーナメント1回戦では浦添に勝利。準決勝では予選リーグで戦った中頭Zを2-1で下した。


 決勝の相手も予選リーグで当たった中頭α。ここもフルセットまでもつれる展開になったが、総合力で粘る相手を退け、この大会念願の優勝を飾った。


 勝因は大会を通して全員のサーブが光ったこと。與座監督は「サーブが良いことで相手を崩せた」と振り返り、的確なサーブを打てる選手の技術をたたえた。


 攻撃の軸は源河君だ。170㌢の高さを生かして強烈なスパイクを連発。相手が警戒して3枚のブロッカーをつけると、ブロックアウトを狙ったり、フェイントを入れたりして守備陣を翻弄(ほんろう)した。


 與座監督は「源河は打ち分ける技術がすごい。その源河の攻撃を生かそうと全員がボールをしっかりつないだ。理想通りの展開で優勝できた」と話した。


 チームを引っ張った源河君は「みんなが大きな声を出して戦えた」とチームのまとまりを強調。「応援席からも大きな応援がたくさん届いた。だから、みんなの力で絶対に優勝して喜ばせたかった」と話した。2年連続で優勝できなかった悔しさにも触れ、「監督を優勝監督にしたかった。実現できて良かったです」と誇らしげだった。

  • 宮古島の人口

    令和2年9月1日現在

    宮古島市 55,015 人
    27,788 人
    27,227 人
    世帯数 28,295 軒
    多良間村 1,099人
    597 人
    502 人
    世帯数 516 軒
  • 天気


  •  

    2020年2月
    « 1月   3月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2