宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2020年3月22日(日) 8:54

【花は島いろ】垣花正さん(48歳)/フリーアナウンサー

宮古出身だからこそ


垣花正さん

垣花正さん

 【東京支社】フリーアナウンサーの垣花正さんは、平良東仲宗根出身。ラジオのニッポン放送に冠番組「垣花正 あなたとハッピー!」を持ち、TOKYO MXのバラエティー番組「バラいろダンディ」の司会も務めるなど、多彩な活躍を見せている。


 毎週土曜日には、和田アキ子さんとラジオ番組「ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回」も生放送する大人気の垣花さんは、「これまでの進路に、『宮古出身』というのが大きく影響した」と強調する。


 開口一番、「宮古毎日新聞を中学生の時に配っていた」と語った垣花さん。北小5年の時に授業で壁新聞を作り、「新聞は面白い。新聞に関わりたい」と思って配達を志願した。ただ、「小学生は規定上働かせられないので待って」と言われ、北中入学後に念願の配達を始める。


 紙面をまねてオリジナルの新聞を作り、祖父母に届けることもした。「オチのない四コマ漫画も必ず入れた」と、笑顔で振り返る。人を面白がらせたい、喜ばせたいという「エンターテイナー」の素質は、当時から発揮されていた。


 週末に年下のいとこたちと食事する際には、自分が司会役をして即席のクイズ番組を仕切った。「番組で面白いものがあればテレビを見れば良いんですが、なかったんでしょうね。自分たちでやろうとなった」と語る。


 民放がなく、バラエティー番組を見られない環境が、かえって面白いものへの関心をかき立てた。「バラエティー番組の司会もできるような面白いアナウンサーになりたい」。中学で、こう心に決めたという。


 宮古高校を経て早稲田大学に進学し、萩本欽一さん主宰の「欽ちゃん劇団」に入団して笑いの肝を本人から教わった。その後、ニッポン放送に入社。方言が抜けず、ニュースや広告の読み上げは難しいと判断されたが、「だったら自由にしゃべらせてみよう」と局を代表するトーク番組「オールナイトニッポン」に大抜てきされた。


 ところが、思うように笑いが取れず、1年で番組を降板。「ニュースを読むのも駄目、しゃべりも駄目。1回ゼロになった時に、何かがはじけた。体を張ったリポートとか、髪型をモヒカンにするとか、アナウンサーなのに芸人でもやらないことをどんどんやった。『当たって砕けろ』みたいな芸風が始まったのは、この時」と話す。


 型破りのスタイルが受け、活躍の場を広げた。2019年にフリーになり、テレビにも進出。宮古の友人たちから「見たよ」「すごいね」と言ってもらうのが励みだ。宮古の「アララガマ精神」で、かつて目指した「面白いアナウンサー」のさらなる高みを目指し、ひた走っている。

  • 宮古島の人口

    令和3年9月1日現在

    宮古島市 54,907人
    27,762 人
    27,145 人
    世帯数 28,295 軒
    多良間村 1,085 人
    596 人
    489 人
    世帯数 523 軒
  • 天気


  •  

    2020年3月
    « 2月   4月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2