宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2020年5月15日(金) 9:00

きょう日本復帰48年/コロナで平和行進中止に


 沖縄県は15日、日本復帰から48年を迎えた。1952年のサンフランシスコ講和条約発効で沖縄は日本から切り離され、72年の復帰まで20年間にわたり米施政下に置かれた。このため、高度成長を経た本土との経済格差解消も課題となった。復帰後、宮古島では道路や港湾、学校などの各種インフラ施設の整備が急激に進み、本土との社会格差は解消されつつある。しかし、少子高齢化や都市部への人口流出に伴う学校統廃合、高齢化による農業従事者の減少と担い手不足など、離島ならではの新たな課題に直面している。


 さらに近年では、観光客が増え過ぎるオーバーツーリズムが指摘されるなど、観光に力を入れている半面、上野千代田に建設された陸上自衛隊宮古島駐屯地、城辺保良に建設が進められている弾薬庫は賛否が渦巻いている。


 例年行われる「5・15平和行進」は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から中止が決まった。


 平和行進を主催する沖縄平和運動センター宮古島では「中止にはためらいもあるが、やむなし」とした上で「国防の名のもとに安倍政権が中国封じ込め策として、南西諸島をミサイルの盾にするため軍事基地化を急いでおり、緊張激化を招くことは必然」と指摘。「万一、戦争となれば宮古島全体が標的になり、ミサイル保管の保良弾薬庫建設は宮古全体の問題である」として、保良、七又の住民らとともに反対行動に参加してほしいと呼び掛ける。


 一方で、復帰記念日が近づくと当時を思い起こし、現在と比べてみる人も多い。


 平良島尻に住む仲里長造さん(66)もその一人だ。復帰の年の72年3月に宮古水産高校を卒業。米ドルを日本円に交換し、パスポート所持で大阪へ渡航した。


 当時の沖縄はまさに外国。仲里さんは運良く大手企業に就職を果たし、月給4~5万円の高給取りになった。


 その年の5月15日に沖縄は日本復帰した。仲里さんは、実家の都合で就職してから1年後に帰省した。「その時はパスポートは必要なく、ようやく沖縄は日本だと実感した」と振り返った。

  • 宮古島の人口

    令和2年7月1日現在

    宮古島市 54,986 人
    27,781 人
    27,205 人
    世帯数 28,259 軒
    多良間村 1,107人
    599 人
    508 人
    世帯数 516 軒
  • 天気


  •  

    2020年5月
    « 4月   6月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2