宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2020年6月24日(水) 8:58

遺族らが祈り捧げる/慰霊の日

糸満市摩文仁「平和の礎」


従兄の名前をなぞり、手を合わせる西原さん親娘=23日、糸満市の平和祈念公園内「平和の礎」

従兄の名前をなぞり、手を合わせる西原さん親娘=23日、糸満市の平和祈念公園内「平和の礎」

 【那覇支社】「慰霊の日」の23日、糸満市摩文仁の平和祈念公園内にある「平和の礎」には、早朝から時折雨が降る中、多くの遺族や親族らが訪れ、平和への祈りをささげた。


 那覇市に住む平良久貝出身の西原トシさん(82)の親娘は、礎に刻まれた従兄の與那覇良光さんの名前をなぞって花を供え、冥福を祈っていた。


 與那覇さんは、旧制県立宮古中学校(現在の県立宮古高等学校)を卒業後に那覇市首里にある沖縄師範学校に進学。沖縄戦で動員され、犠牲となった。


 西原さんは、「亡くなったのは、激戦地だった、ここ糸満市内と知らされている。その場所を確認できないのが、とても残念でならない。教師を目指した本人の無念さを思うと、胸が熱くなる」と寂しそうな顔を見せた。


 さらに、與那覇さんの人柄については「私が7歳の時に師範学校に行っているので、思い出はそれほど記憶に残っていないが、スポーツマンで優秀な人だったと聞いている」と話していた。


 毎年欠かさず、「平和の礎」へ参拝に訪れているという西原さんは、「沖縄を担う前途有望な若者たちを戦争で失うようなことは、二度とあってはならない。孫たちにも、平和の尊さを話していきたい」と誓った。


 沖縄戦の犠牲者の名前を刻む「平和の礎」には、今年、新たに宮古島市の6人を含む県内20人、県外9人、国外1人の計30人の名前が追加された。追加刻銘により「平和の礎」に刻まれた名前は、24万1593人となった。

  • 宮古島の人口

    令和2年7月1日現在

    宮古島市 54,986 人
    27,781 人
    27,205 人
    世帯数 28,259 軒
    多良間村 1,107人
    599 人
    508 人
    世帯数 516 軒
  • 天気


  •  

    2020年6月
    « 5月   7月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2