宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2020年6月25日(木) 9:00

サバニこぎ大漁祈願/各地でハーリー

コロナで規模縮小 御願バーリーのみ


前里添自治会の御願バーリー=24日、佐良浜漁港

前里添自治会の御願バーリー=24日、佐良浜漁港

 「漁師はコロナなんかに負けない」-。旧暦5月4日(ユッカヌヒー)に当たる24日、向こう一年間の航海安全と大漁を願う海の祭典「ハーリー・海神祭」が佐良浜漁港や久松漁港、池間島の水浜などで開催された。今回は、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から多くの会場で規模を縮小。男たちによる勇壮な爬龍舟(はりゅうせん)競漕(きょうそう)などのイベントは行わず、神事とサバニによる御願バーリーのみの実施となった。


池間添自治会の御願バーリー=24日、佐良浜漁港

池間添自治会の御願バーリー=24日、佐良浜漁港

 漁師たちからは落胆の声も聞かれる一方で「来年は今年の分も含めてさらに盛大に開催するよ」との未来に向けた意気込みも聞かれた。


 ハーリーは、豊漁と航海安全を祈願する漁民最大の行事の一つ。各漁港で爬竜舟競漕が行われて毎年、大勢の人出でにぎわっていた。


 今年は、新型コロナの影響を受けて池間、狩俣、久松、布干し堂、佐良浜が規模を縮小して実施。島尻、西原(真謝)、荷川取、大神、高野、宮国(博愛)は中止となった。


 漁業が盛んな佐良浜漁港では、この日も早朝から各漁船が鮮やかな大漁旗を掲げて港を彩り、船上では漁師たちが酒を酌み交わしながら、豊漁を願った。


 一方で、例年の伊良部漁協による海神祭は新型コロナの影響で開催されず、前里添自治会(仲間稱会長)、池間添自治会(上地繁喜会長)がそれぞれ御願バーリーを実施した。


 両自治会の会長からは「来年に向けてどうしても御願バーリーだけは開催しないといけなかった」「今年は少し寂しいが、佐良浜の漁民が結束すればコロナは必ず克服できる」など、前向きな声が聞かれた。


 会場には下地敏彦市長も訪れ、漁民たちを激励するとともに、航海の安全と大漁を一緒に願った。


 そのほか、それぞれの会場では、爬龍舟のこぎ手たちからの「ゴーヘイ、ゴーヘイ」との掛け声が響いた。


 こぎ手たちは、コロナによる規模縮小の沈んだ空気を吹き飛ばそうと、声を合わせて力強いかいさばきを披露し、見学に訪れた観光客らを楽しませていた。

  • 宮古島の人口

    令和2年7月1日現在

    宮古島市 54,986 人
    27,781 人
    27,205 人
    世帯数 28,259 軒
    多良間村 1,107人
    599 人
    508 人
    世帯数 516 軒
  • 天気


  •  

    2020年6月
    « 5月   7月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2