宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2020年7月19日(日) 9:00

観光消費 36億円減少/クルーズ船20年上半期

2月以降は寄港ゼロ/新型コロナで需要消失


新型コロナウイルスの影響でクルーズ船需要が消失し観光消費額が落ち込んでいる(資料写真)

新型コロナウイルスの影響でクルーズ船需要が消失し観光消費額が落ち込んでいる(資料写真)

 世界的な新型コロナウイルス感染拡大の影響で、管内のクルーズ船需要が冷え込んでいる。2020年上半期(1~6月)の海路観光消費額は1億500万円にとどまり、前年比で36億8700万円減少した。クルーズ船の寄港は2月以降ゼロが続いており、再開の見通しは立たない。交通関係事業所や飲食店、小売店、免税店、観光施設などの経済的損失は膨らむ一方だ。


 観光消費額は市観光商工課がまとめた。クルーズ船の乗客乗員が落とすお金を指す海路観光消費額は、県の実態調査に基づく1人当たり影響額2万1487円からはじき出されている。


 20年のクルーズ船寄港は予約ベースで300回超が計画されていたが、1月末からキャンセルが続出。2月以降は寄港回数、観光消費額ともにゼロが並ぶ。


 前年と比較するとその差は歴然だ。1~5月の観光消費額は4~6億円で推移し、6月は大台の10億円に到達する消費があった。1カ月平均の消費額は6億3200万円にも及んだ。


 この消費額の大半が、新型コロナで吹き飛んだ。寄港計画を踏まえると、前年を上回る消費が見込まれていただけにダメージは大きい。免税店のほか、観光バスやタクシーといった交通関係事業所、土産品店等における対前年比の経済的損失は膨らみ続けている。


 新型コロナは今も世界で猛威を振るっており、クルーズ船再開のめどは立たない。19年の海路観光消費額は計85億円を超えた。仮に20年下半期にクルーズ船の再開がない場合、前年比で84億円以上の損失となる。


 拡充する受け入れ施設の利用にも影響が出る。平良港沖には、すでに14万㌧級の船が接岸できる専用バースが完成、検疫を行う旅客受け入れ施設(CIQ)も竣工(しゅんこう)間近だが、供用開始時期は見通せないままだ。


 ここ数年、天井知らずの勢いで急伸したクルーズ船需要は、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)で一転、寄港再開時期を含めて先を見通せない景況感に包まれている。

  • 宮古島の人口

    令和2年8月1日現在

    宮古島市 54,989 人
    27,771 人
    27,218 人
    世帯数 27,747 軒
    多良間村 1,104人
    598 人
    506 人
    世帯数 515 軒
  • 天気


  •  

    2020年7月
    « 6月   8月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2