宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2020年8月25日(火) 8:58

休業協力金申請始まる/新型コロナ

西里・下里の遊興施設対象


受付書類が入手できる県宮古合同庁舎2階の総務課=24日、県宮古合同庁舎

受付書類が入手できる県宮古合同庁舎2階の総務課=24日、県宮古合同庁舎

 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、県が休業要請を行っていた市平良西里・下里地区にある接待などを伴う遊興施設(店舗)への休業協力金の申請受け付けが24日から始まった。申請方法は郵送のみで、締め切りは9月18日。


 県が発出した遊興施設への休業要請における宮古・八重山の対象期間は7~20日まで。要請に応じた事業所へ支給される協力金は一律20万円となっている。


 申請書は、県宮古合同庁舎2階の総務課入り口で入手できるほか、県のホームページからダウンロードできる。


 申請に当たっては、申請書のほか、通帳の表紙と表紙裏面の写し▽本人確認書類▽風営法に基づく営業に関する許可証等▽休業期間を告知したホームページや店頭ポスターの写しなど、全期間にわたり休業したことが分かる書類-などが必要。


 申請書類に不備がなければ、申請書の受理から1カ月程度で口座に入金される予定だが、状況によっては支給日までに日数がかかる場合があるとしている。


 協力金についての詳しい問い合わせは、県感染症対策協力金コールセンター(電話098・975・5825)まで。