宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2020年12月19日(土) 8:58

師走なのに夏日/宮古島地方

25・7度を観測


師走に夏日となった海岸では、マリンスポーツや海水浴を楽しむ観光客や家族連れの姿が見られた=18日、前浜ビーチ

師走に夏日となった海岸では、マリンスポーツや海水浴を楽しむ観光客や家族連れの姿が見られた=18日、前浜ビーチ

 12月に入り、ぐずついた天気が続いている宮古島地方。17日にはこの冬最低となる16度を観測したが、18日は一転し朝から青空が広がって、午後1時5分には最高気温25・7度を観測。師走に夏日となった。


 前浜ビーチでは、一気に夏モードとなり、観光客や親子連れらがマリンスポーツや海水浴を楽しむ風景が広がった。


 沖縄気象台によると、向こう一週間は気圧の谷や寒気の影響で曇りや雨の日が多いと予想している。


 最高気温は平年並みか平年よりも低く、期間後半は平年よりも高い所があると見込んでいる。