宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2021年1月28日(木) 8:58

「まずは安心できる島に」/観光協会

早期抑え込み必要性訴え


感染拡大が進む中、島全体で再度、予防対策の徹底を図り、早期に抑え込む必要性を訴えた平山専務理事=27日、宮古島観光協会

感染拡大が進む中、島全体で再度、予防対策の徹底を図り、早期に抑え込む必要性を訴えた平山専務理事=27日、宮古島観光協会

 最近の島内における新型コロナウイルス感染拡大の勢いは各方面に衝撃を与えている。特に、観光業界からは「観光地・宮古島」のイメージへの影響もあり、早期の抑え込みの必要性を訴えつつも「まずは島民、観光客が安心して安全に過ごせる島にするために島全体で一致団結して取り組む必要がある」と訴える。


 以前、首都圏などで感染が拡大している段階では島に訪れる観光客に対して、一部の島民からはその影響で島内でも感染が拡大することを不安視する声が聞かれていた。


 しかし、ここ数日の島内における急速な感染拡大の影響を受けて、観光地・宮古島に対するイメージと評価が大きく変化することへの不安の声も聞かれ始めている。


 宮古島観光協会の平山茂治専務理事は「感染者が一気に30人を超えたことに周囲も相当驚いている。とにかく今は、早く感染者の数を減らすことが最優先。業界としてももう一度しっかり感染予防対策に取り組む。この状況が長引くと影響が大きくなる。宮古観光の将来のためにもまずは『宮古全体で抑え込もう』と、各方面にエールを送りたい」と話した。


 宮古病院によると、今回の感染拡大の影響は市民のカラオケや会食起因によるものが多く、市民に行動の変容を求めていることについては「一致団結できる宮古島の人たちの気質で短期間でこの苦難を乗り越えればモデルケースになれる」と、早期の改善に意欲を示した。


 今後の宮古島観光については「島民との触れ合いが宮古観光の魅力。だからこそ、安心して訪れることができる島にすることが大切。そのためにも、早期に感染を抑え込んで、全国的にコロナが収束すれば一気に迎え入れる環境を整えることが大切」と話した。