宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2021年2月26日(金) 8:58

餅作りに大忙し/旧十六日祭のお供

えあんこたっぷり伝統の味


旧十六祭に向け餅のパック詰めが大忙し=24日、伊良部

旧十六祭に向け餅のパック詰めが大忙し=24日、伊良部

 27日の旧十六日祭(ジュウルクニツ)に向け、宮古各地では24日、先祖にお供えする伝統の餅作りが本格し、餅のパック詰め作業で大忙しとなっている。


 このうち伊良部で餅を製造・販売する店では、24~26の3日間で餅2000個を作るという。そのためパートの女性3人を雇った。


 餅の中身はあんこがたっぷり。餅5個入りパックと10個入りパックが所狭しと並ぶ。


 店代表の島尻実忠さん(80)は「創業60年を迎え、伝統の餅作りは絶やさないと頑張っている」と意欲を見せる。


 妻の京子さんも一緒に働く。「皆がおいしいと食べるから、皆のパワーをもらって元気になる」と笑顔で話した。


 旧十六祭は、毎年旧暦1月16日に行われる先祖供養祭。正月、旧盆と並ぶ大きな行事で、先祖に向こう一年間の無病息災や子孫繁栄を祈る。