美ぎスマ

2018年9月29日(土) 08:54

【美ぎスマ】大浦多志中国から渡来/平良地区・大浦集落

 14世紀の初めごろ兄妹が、戦に明け暮れる中国の福州から船で逃れ宮古島に着いた(宮国トヨ子さんの話など参考)。兄の宮古での名前は大浦多志(うぷらだす)。島を見て回った時、大浦に肥沃な土地と豊富な湧き水があることを知り、定住を決めた。大浦多志は原野を切り拓き作物を立派に育て集落の主長を務め地域発展に尽くした。大浦は御嶽信仰にあつい里で10年前まで、年間に30回以上の御嶽ニガイ(神行事)が行われていた。「うぷらだす」は集落南のフギ嶺のワービヌ御嶽(上のウタキ)に村の最高神として祭られている。産業は農業が中心で、かつては「米所」だった。現在はサトウキビ畑が青々と広がる。8月末現在の人口は135人(男性78人、女性人)、世帯数は88戸。大浦も他の集落同様に少子高齢化が進んでいる。

(全文を表示…)

「美ぎスマ」の過去記事

  • 宮古島の人口

    平成30年10月1日現在

    宮古島市 54,110 人
    27,085 人
    27,025 人
    世帯数 26,731 軒
    多良間村 1,170 人
    627 人
    543 人
    世帯数 520 軒
  • 天気


  •  

    2018年10月
    « 9月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2