「美ぎ島net」 2008年8月のニュース一覧

2008年8月31日(日) 17:30 [企画・連載, 美ぎ島net]

「高校生チャリティー」高校生のパワーで島を元気に

第五回高校生チャリティーフェスタ2008―10RUN  「宮古島から世界を変えていこう」をスローガンに、高校生たちが毎年行っている「十時間耐久リレー」が二十三日、市陸上競技場であった。地域の企業と募金の金額を契約することで、若者たちが体力の限界に挑戦し、勝ち得た金銭を福祉施設や被災地に寄付しようというもの。高校生らがすべてを企画・運営し、その中で団結力を養い、社会勉強の一環とする。今年で五回目となる大会にランナー百十二人、サポーターなど含めて総勢三百人余が参加した。十時間走り続けたランナーたちは、最後に全員でウイニングラン、完遂の喜びに沸いた。 (全文を表示…)

2008年8月24日(日) 17:26 [企画・連載, 美ぎ島net]

「エコ ひまわり会」太陽を味方にヒマワリの島に

市民ボランティア/環境と観光のあり方を模索  「宮古島を何とかしたいねー」という思いが一つになって、昨年十一月「ひまわりアイランドin MIYAKO島」(のちにエコ ひまわり会に=富山裕策会長)が生まれた。総会員数は五十一人、うち十四人の事務局員を中心に活動内容が立案される。環境保全と観光発展をコンセプトに、着目したのは“ヒマワリ”。市商工観光課主催の「日本一早いひまわりまつり」に協力しながら、会員の遊休地を利用し試験的にヒマワリや代替燃料の原料として注目されるジャトロファ(和名・ナンヨウアブラギリ)を栽培する。 (全文を表示…)

2008年8月10日(日) 17:23 [企画・連載, 美ぎ島net]

「いらぶ探検」身近にあった遺跡を訪ねて

伊良部高校遺跡探検隊・いらぶ探検隊  伊良部島の遺跡を訪ねることにより、古来の島の文化についての見識を深めようと二日、伊良部高校遺跡探検隊(福島新隊長)と、いらぶ探検隊(近角敏通隊長)の合同遺跡探訪が行われた。いらぶ探検隊は、これまで三十一回の島の探訪を果たし、前回から伊良部高校(玉津博克校長)も参加して今回二回目の合同探訪となった。この日は、平良から、宮古郷土史研究会の仲宗根將二さんや、市教育委員会の文化財担当砂辺和正係長、市史編纂室の職員、マスコミ関係者ら約二十人が参加した。 (全文を表示…)

2008年8月3日(日) 17:15 [企画・連載, 美ぎ島net]

結成10年、三線の輪広がる/上野三線クラブ

8月10日のコンクールに向け猛練習
宮城師匠を囲んで全員で「豊年のうた」を合唱
宮城師匠を囲んで全員で「豊年のうた」を合唱
 一九九八年、上野村教育委員会主催の三線講座がクラブに発展。保育園児から六十代の女性までこれまでに関わった数は百人近いといわれる。講師の宮城育子さんは引き続きクラブの主宰者として新人の発掘に余念がない。「三線に親しむことは、宮古の歌に触れるよい機会、その中で方言を習得し、特に子どもたちは昔の生活を知ることができる」と話す。来る八月十日は宮古民謡協会第十回宮古民謡コンクール。同クラブからは九人が挑戦。 (全文を表示…)
  • 宮古島の人口

    平成31年3月1日現在

    宮古島市 54,225 人
    27,176 人
    27,049 人
    世帯数 26,929 軒
    多良間村 1,169 人
    628 人
    541 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2008年8月
    « 7月   9月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2